安田まゆみの気まぐれ日記

2005年10月15日

今日のお題は「大増税=減収時代の生き残り方」

鳥飼税務会計事務所(千葉市幕張)の鳥飼先生に頼まれて、会計事務所のお客様を対象としたセミナーの講師をしてきました。

今日のお題は「大増税=減収時代の生き残り方」。

このテーマでは何度も講義をしていますが、どこの会場でも、私が話す厳しい現実と日本の将来像に、参加している人の顔が引きつってくるのがわかりますぅ。

少子高齢化が進んで、年金の資金源を支える若い人が少なくなります。15〜64歳までの労働人口に対して65歳以上の老年人口の割合が現在すでに26%を超えていますが、2030年には50%を超えると推定されています。
今と同じ額の年金をもらうとすると、現役世代の負担が増えるでしょうし、負担を増やさないとすれば、もらう側の年金はかなり少なくなると考えてよいでしょう。
現在でもすでに失業者やフリーターが多く、国民年金の猶予者や未納者が1000万人以上なっているので、年金のあり方の見直しが進められているのですから、この先もっと人口が減るとすると、2030年を待たなくても年金制度は大きく変わっていくのではないかと思います。
少子化とあいまって、2007年から団塊の世代が大量に退職していくので、所得税を払う人が少なくなり、財政難を救うために消費税の税率アップが検討されています。
社会保険全般にサラリーマンの負担が増えて、配偶者控除や定率減税の削減など税金の負担も増えます。

こんな話をしてきました。あ〜あ、いやになっちゃいますね。クラ〜い、将来だもんね。

でもね、一番言いたいことは、こういう時代が来るとわかっているのだから、どんな嵐が来ても吹き飛ばされない、倒れない家(家庭)の準備を今からしようよ。この時代を乗り切るために、覚悟をしっかり持って、家族で力を合わせて乗り切ろう。こう言うことなの。

今日の話を聞いてくださった人が「子どもたちに話して聞かせます」って、言ってくださいました。ちょっとはお役に立てたかもしれません。(^_^)  

Posted by MAYUMI YASUDA at 12:32

2005年10月07日

老後生活にはいくらあったらよいか

今日は、毎日新聞の家庭生活部の大迫麻記子記者さんから、老後のお金についての取材を受けました。

老後生活にはいくらあったらよいかと言うお話。

必要なお金は人によって違うからね。一概には言えません。100万以下の貯蓄でも何とか年金暮らしを続けている老夫婦もいれば、土地建物評価が1億3千万円であっても、年金が少なくて将来を不安に思っているご夫人もいます。
そんなお話を事例を挙げてお話しました。掲載は11月だって。どのようにまとめてくださるのか、今から楽しみです。だって写真も撮ったんですよ。

大迫さんは子ども育てながら働いているママさん記者さんで、取材が終わったあとも、お食事をしながらいろいろなお話で盛り上がりました。  
Posted by MAYUMI YASUDA at 20:43

2005年10月06日

「教育費と家計管理」

今日は、横浜市神奈川区地域振興課の要請を受けて、幼稚園のママさんたち(パパさんもいましたよ)にセミナーをしてきました。

お題は「教育費と家計管理」。

増税と社会保障の負担増で、若いサラリーマンの手取りが減る時代、こどもに対してお金をかける次期を間違ってはいけないよ、と言うお話が中心です。
早期教育が華々しい昨今だけど、小さいころのお稽古事にお金をかけてしまって貯金ができず、肝心の本人が将来を希望する次期に教育資金がなかったら、子どもはどんな思いをするだろう。
「お母さん、大学へ行って法律の勉強をしたいよ」と、子どもが言ってきたとき。
「ごめんね。あんたの小さいころに、親の見栄で英会話教室に通わせちゃって、お金貯まっていないんだ。大学はあきらめてよ」。と言えますか?
なんだか、それって悲しくないですか。

それから、大切なことは、自分の子どもをフリーターやニートにしないこと、と言うお話。
フリーターやニートにしてしまうと、子どもはいつまでも親元をはなれず、年金をもらうようになっても定職のつかない子どもを食べさせ、要介護状態になったら、稼ぎのない子どもは介護もろくにできず、親子共倒れになるでしょう。そんなことになったら、つらいよね。
フリーターやニートにさせないために、お母さんは、子どもの前でお父さんの悪口をいわないようにしよう。だって、一生懸命に働いているお父さん(=大黒柱)に対して「稼ぎが悪い」だの、「飲んだくれて、帰りが遅い」だの悪口を言ったら、子どもはどう思うだろう。将来、お父さんのように働いても、家族に文句をいわれるなら、家族なんか要らない。わずらわしい。お父さんのように家族のために無理して働くのなんてばかばかしい、と思わないだろうか。
そんなこと言っちゃだめだよ。夫婦仲良くね・・・。と言う話をしてきました。

ちょっとお説教じみているかな、とも思いましたけど、参加者のアンケートは「非常によかった」「よかった」あわせて100%という結果(わおぉ、やったね(^_^)v)で、ホットしました。感激したのは、「どんなところがよかったか」「どんな知識、情報が学べ、暮らしに生かせるか」と言う項目に、皆さんがぎっしり書いてくださったことです。ちゃんと聞いて、感じてくださったのですね。ママさんたち、ありがとう。  
Posted by MAYUMI YASUDA at 12:41

2005年10月01日

「離婚貧乏にならないためのFPアドバイス」

今日はFP(ファイナンシャルプランナー)向けのセミナーで「離婚貧乏にならないためのFPアドバイス」のお話しをしてきました。主催はFPのスタディグループ、SG船橋。

離婚相談はやはり最終的にはお金の問題が中心になります。だけど、離婚相談と言うとすぐに「弁護士に相談」と思うものの、どの段階で、弁護士に相談してよいのかわからない人が多いのも現実です。

私が離婚相談を受けるようになって5年くらいたちますが、この案件で相談に乗るFPはまだまだ少なく、どのようにかかわっていったらよいか是非勉強したいということで、私の相談事例から、必要な知識や注意点などをお話しました。
私が受けたご相談でいうと、離婚の原因は不倫、つきまとい、家庭放棄、ギャンブル癖などが多いのですが、そこでのアドバイスは、相談者によって様々です。
やはりFPですから、離婚離婚後の金銭的な生活支援アドバイスは多いですが、それ以外には、慰謝料などの獲得方法などで弁護士とのネットワークで戦うときもありますし、メンタルな部分のケアに時間をかけるときもあります。
そのような体験的な話をしてきました。
  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:47