安田まゆみの気まぐれ日記

2006年11月10日

テレビで伝えることの難しさ3

昨日は「ニュースリアルタイム」の出演日でした。

このところ重い話題が多くて
コメントの難しさに悩んでしまいます。

私はニュースの解説者でもなく、
評論家でもありません。
その私がコメンテータとして期待されているのは
奇をてらったことではなく、
家庭の主婦として二人のお母さんとしての気持ちを
素直に話すということなんでしょうね、たぶん。

発信している側ではなく、
見ている側のツッコミでいいはずなんですね。

でも、テレビの前で、おせんべいかじりながら、
家族といっしょに
「バッカじゃないのこの人!ガハハ・・・」
と言うような調子ではダメなんです。

短い時間に誤解のないように伝えなければならない。
これが一番きついですね。
言葉足らずになってしまうと
真意が伝わらない。
「信じられないですね」とか
「お気の毒です」のような当たり前の事を
短く言っても「つまらないコメント」に
なってしまうわけです。


生番組なので、
しっかりと事前に打ち合わせをして臨んでいます。
その日のお昼ころに
取り上げる事象についてどう考えているかを
事前に聞かれて、考えているところを述べます。

テレビ局に行ってメイクも終わって
報道のフロアに行って細かな打ち合わせをします。

「このコーナーでは、このように聞きますから
先ほどのコメントを述べてくださいね」とか
「トークの時間が限られているので、
この部分に焦点をあてて一言お願いします」
といわれたりします。

一つのコーナーでのトークは
だいたい30秒から50秒ですよ。
それはひとりでしゃべれる時間ではありません。
キャスターが聞き、私がコメントし、
場合によってはもうひとりのコメンテーターが話す。
これ全部での時間です。
50秒は長いほうです。

それでも生番組ですから、中継があれば
長くなったり短くなったり、
予定のコメント時間はしょっちゅう変更されたりします。

予期しない展開もたまにはあります。
どうしてもその時間枠の中でしゃべらないと
ならないことがあります。
時間が来るとCMになってしまったり、
地方の番組に切り替わってしまうので、
コメントが切れてしまうわけなんです。

10秒で、とか一番短くて5秒で、と言うのもあります。
その中で気の利いた事を言わなくてはなりませんから
もう、頭はフル回転です。

でも、悲しいかな、頭と口が連動しないこともあります。
こんな事を言おう、と思っても舌が回らず、
ロレロレしてしまうことがままあるんです。

あ〜あ、恥ずかしいったらありゃしない。
どっと汗が出ますよ。

そんな私ですが、夢はでっかいです。
私の目標は、見ている人が
「そうそう、そうなのよ。良くぞ言ってくれました。
もっと言って。どんどん取り上げて」
と、テレビみながら言ってくれるようなコメントを
言うことです。

こんな私ですが、テレビを見ていて気がついたことが
ありましたら、コメントしてくださいね。
誹謗中傷は苦手です。
厳しい指摘も嫌です。
温かい心あるご意見は大好きです。
よろしくね。

明日は朝10:30から国際フォーラムガラス棟でセミナーです。
予約は必要ありません。無料です。
(詳細は新着情報で)
お時間あれば見に来てください。

  

Posted by MAYUMI YASUDA at 17:30Comments(3)TrackBack(0)

2006年11月07日

「家計簿チェック」のロケでした5

9b4c2aa3.JPG今日は日本テレビ「ニュースリアルタイム」の
一つのコーナーである「拝見!お宅の家計簿チェック」の
ロケがありました。

レギュラーとしてこの家計簿コーナーを担当して
1年半がたちました。
放送日は不定期ですが結構人気のあるコーナーだと
おだてられて、今回で21回目のロケになります。
視聴率もこのコーナーは良いんですって。

題名の通り、関東地域の家計簿をつけているお宅に
伺って、家計の悩みに応えるという番組です。

今日のお宅は、20歳と27歳のご夫婦。
3ヶ月前に結婚して、
20歳の奥さんは来月出産予定です。


家計簿はつけているものの、「家計のやりくり」が
まったくわからないというお悩みに応えてきました。
使ったお金と費目別の集計はできていますが、
月ごとの収支はできていませんでした。

奥さんの亜美さんも
「こんなつけ方で、役に立つのかな?」と
思いながら家計簿をつけていたとか。
やりくりがわからないのでは
無理もないことです。

家計管理のビギナーは、家計簿をつけてもしょうがないんです。
その前にやることがあるんですよ。

まず、お金の流れを確認して、自分で使えるお金を把握すること。
そこから始まるんですね。
これをやらないで、日々の使ったお金だけを記帳しても
役に立ちません。

ビギナーさんでもかんたんにできる、
安田流のやりくり術をしっかりと伝授してきました。

いつになるかわかりませんが、
放映をお楽しみにね。

最後に「記念写真を」といわれて
亜美さん、正治さんご夫婦と
レポーターの安井まみこさんといっしょに
撮りました。


リアルタイムをみたことがない人、
または、放映がされていない地域の方は
リアルタイムのホームページにある
「リアル特集、リアル目線」の「マネーコーナー」で
前回の放映をみることができますよ。
掲載期限があるのでお早めに。

いまネットで見られるものは、
私がネーミングした「女王様家計」のお宅で
放映を見た人から、「ウチもそうだわ」と共感をよんで
自分で言うのもなんですが、好評でした。

安田流のやりくり術はまた次回に。


追伸
今日のロケ地は「草加」
夕方の電車に乗って外を見ると、きれいな夕日。
その横にはなんとくっきりと富士山のシルエットが見えました。
風邪が強かったせいでしょう、
とても空気が澄んで、きれいな富士山でした。

風邪の被害も出ていますが、
皆さんのところは大丈夫でしたか?









  
Posted by MAYUMI YASUDA at 22:28Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月06日

娘の学園祭5

e42dde91.JPG5日は娘の大学の文化祭にいってきました。
大学の学園祭は、自分の大学の学園祭以来ですから
30年ぶり。

私たちのころは、講演会を企画したり
めったにみられないようなジミーな映画を
上映していましたが、
今は、模擬店がほとんどなんですね。
あとはお笑い芸人さんとロックバンド。

フリーマーケットやら何やらで
地域の人たちも結構来ていましたね。
天気が良くて、風もなく穏やかな陽気で
楽しかったですよ。

娘は自然豊かな大学へ行っているので、
自宅からは通えず、ひとり暮らし。
とはいっても、大学生ばかりが住人の
アパートが林立しているところに住んでいるので、
寂しいことはなさそうです。
サークルの先輩やアパートの先輩にも
ご挨拶ができました。
やれやれ。

とても広いキャンパスで、
空気の良いところです。
学生食堂からの景色を写真にとってきましたが
100メートルくらいさえぎるものがなく、
芝生の向こうは川が流れているんですよ。

遠くに山も見えて、
私もリフレッシュできました。



  
Posted by MAYUMI YASUDA at 02:46Comments(0)TrackBack(0)

2006年11月03日

書店周りをしています5

07931045.JPGそろそろ書店に家計簿や手帳、日記が並ぶころですね。
そこで、私の本もこういう時期にもう一度書店さんに
まとめておいてもらおうと、
都内の主要な書店さんを周っています。
「貯まる!かんたんどんぶり家計術」をおいてくださいって、
お願いしています。

写真は、私が作ったpopです。
元書店の店員さんにお知恵を借りて
作ってみました。
書店さんでも好評なんですよ。


自分で書いた本ですが、
読者の方の感想を読むたびに励まされ、
なおかつ、もっと多くの人に読んでもらいたいなぁと
思うのです。

これまでお手伝いしてきた家計の改善の相談で
出会った人たちのことや、
家計を預かる女性たちを応援したいという気持ちが
たくさん入っている本だからです。

「もうやりくりなんてできないよ〜」
「お金がちっともたまらなくて、情けない。はぁ〜」
なんてため息ついている人を
励ましてあげたいです。

「ちょっと、目先を変えてごらん。
こんなやり方もあるんだよ。
誰でも実行に移せるほどかんたんだから、
自分を責めないで、幸せになろうよ」と
伝えたいです。
ハッピーな気分でいられるためには
どうしたらよいかも書いておきました。

この思いを受け止めて、
アマゾンや楽天のレビューで感想を書いてくださった方に
お会いできるなら、感謝の気持ちを伝えたいです。

そのほかブログで、どんぶり家計を実践して
順調に「貯め体質」になっている報告を見つけました。
感激してしまいますね。
本当にありがたいです。


ベストセラーになりたいとか
印税で儲けようという考えではないです。
(もうすでに印税はしっかりいただいているんですもの)
ただ、多くの方にこんな本がある事を伝えたい、
そういう思いでいっぱいです。

このブログを読んでいるみなさま。
まだ、この本を読んでいない方は
是非本屋にご注文ください。

どんな本か見てみたい人は
図書館に注文して実際に見てください。
きっと手元においておきたくなると思いますよ。

それから、どうぞお友達や娘さんにも勧めてください。、
結婚のお祝いにも使ってくださいな。

クチコミでジワジワ広がってくれれば良いなぁ。
ご協力、お願いします。

追伸
そうそう、いま、発売中のオレンジページに
監修で載っていますよ。かんたんどんぶりの
こころへを伝えています。
また、雑誌のPHP2月号(12月20日発売)にも
安田がでます。
このかんたんどんぶり家計術を存分に披露していますので
読んでみてください。
  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:22Comments(0)TrackBack(0)