安田まゆみの気まぐれ日記

2009年02月25日

あら!まあ!またまた延期のNHK!!!5

みなさま こんばんは。

私にとっては、大変、かなし〜い、お知らせです。

え〜、先ほどNHKのディレクテーさんからご連絡が
ありまして、
明日の放送は延期になりました。
3月2日(月)です。

そんなにまずい!内容だったのか?
手直しに時間がかかっている?

そんなわけないです!
内容のせいではありません。

国会中継のためです。


そうですよ、日経平均見てください。
ガッツリ下がりました。
桃は咲けども、世界経済は真冬ですよ。

NY株式市場はリーマンショックを下回り、
新安値を更新中。
ミラー相場といわれる東京市場も同じです。

株価はサイアク、今の半分になってもおかしくない!
というアナリストもいるくらい深刻なんです。

そう言うわけで、日本の大事なことを決めている「はず」なので、
国会中継は大事です。

予約録画しておくからね〜、と
私を応援してくださった皆さん。
ありがとうございます。
でもね、
明日の放送ないですよ〜。
3月2日に予約をしなおしてくださいね。

お願いします。

では、またね。

(昨日の安田は500歩以下です。缶詰になって、原稿書いているからです)

  

Posted by MAYUMI YASUDA at 20:21Comments(0)TrackBack(0)

2009年02月22日

「寺子屋」あとのランチは、ガールズ?トークであっという間の2時間!5

みなさま、ごきげんよう。

またまた、夜分に失礼します。

昨日の「お金寺子屋―市場に負けない資産運用術」も
無事終了。

少人数でも、「明るく、楽しく、元気よく」で
活発に質問も出て、
今回も盛り上がりました。

自分の聞きたいことが気楽に聞けるのが、
少人数の良いところ。

私も話をしていて、
「何か聞きたそうだな」と思えば、
「どうぞ。疑問に思ったら、質問してね」って
聞けますもの。

参加者の表情がわかるのが、
アットホームなセミナーのよいところです。

ご了解を得て、感想をご紹介しますね。

「ためになりました。
 質問しやすく、わかりやすかったです」

「とても楽しかったです。
 お金の話を今まで、人と話すことがなかったのですが、
 今日の話を聞いて
 相談したいと思いました」

「変額年金(ドルコスト移転)と
 個人型確定拠出年金をはじめたいと思います」

「『運用』と聞くと、日々、
 株価や指標を気にしないといけないイメージがあって、
 時間的に余裕がないと難しそうと、敬遠していましたが、
 10年くらいの視野で『山』を見極める、
 ということだけ気にすれば良いのなら、
 自分にでもできそうな気がしてきました」

「手元にある余裕資金で、ドルコスト平均法で、
 運用を始めたいと思います」 

寺子屋で、学んだことを実践に移していけるように
お話をしていますから、
「やり始めます」という表明は、うれしいですね。

ドルコスト平均法での投資は
決して万能ではありませんが、
相場が下落しているときにはじめると意外なほどの
投資効果が出てきます。

10年くらいの時間をかけて、
資産の倍化を目指しましょう。

相場のピークの前で
いったんドルコストでの積立をやめるのがコツです。

そんなことを具体的な事例で
お話しました。


寺子屋のあとは、恒例のランチです。
今日はイタリアンビュフェに。

土曜日の銀座ですけど、
今日もラッキーなことに
落ち着いた奥の方の席に座ることができて、
90分のビュフェなのに、
居座ること2時間。

だって、お話が尽きないんですもの。

7月末に出産を控えた方とか、
ご事情があって、昨年熊本から埼玉に移り住んで来た人に、
東京都内や近郊の観光スポットを
みんなで紹介しあったり、
年齢に関係なく「ガールズトーク」は盛り上がったのでした。

こういう交流って、私にとっては大事なんです。
セミナーが終わりました。ハイ、さようなら。
では、なくて。

講師と受講者の関係で終わるのではなく
楽しくおしゃべりして、
一期一会であってもよいので、
心のふれあいを持てたらいいなぁ、
って思っていたんですよ。

やっとこの寺子屋で、それができるように
なって、とてもうれしいんです。

ランチ行きましょう、って誘っても
誰も行くって行ってくれなかったら、寂しいな。
きっと落ち込んじゃう、と思う。
そう思って、なかなか、企画できませんでした。
(小心者なの)

でも、昨年からずっと、ランチができるようになって
本当に楽しくてしょうがないです。

今年いっぱいは「お金の寺子屋」は
続けていこうと思っています。

皆さんも興味があれば、
3月21日の寺子屋に来てくださいね。

では、良い週末を。


















  
Posted by MAYUMI YASUDA at 02:13Comments(0)TrackBack(0)

2009年02月18日

中川さんのせいで、吹っ飛びましたよ!5

みなさん、こんばんは。

今日はとても寒〜い、東京でした。

ちょっとがっかりしています。
本当は、昨日、
ニュースリアルタイムの家計簿チェックコーナーの
オンエアがあるはずだったんですよ。

(ブログで紹介するのを忘れていましたが)

ところが、酔っ払いの中川財務・金融相の辞任が
あったために、オンエアーが延期になりました。

ロケはずいぶん前に行ったもので、
季節が変わってしまわないかと心配していましたが、
やっと放送されるというので、
わくわくしていたんですよ。

でも、中川さん、あの失態をさらして
辞任しないのは、それはそれで問題ですけどね。

お酒好きに寛大な私でも、
あんな状態で、記者会見するなんて、
許せませんよ。

町内会の寄り合いだって、
責任者があんな状態なら、ふざけるな!と
怒られるのが当たり前。

ましてや、この世界同時不況で、
どう乗り切るかという、
暮らしに直結した話し合いの記者会見ですからね。

国の姿勢はそんなもんか、と思いました。

お酒好きの私でも、
お仕事のときは飲みません。
常識ですよね。

私は、腸が弱く、お腹を壊しやすいたちなので
セミナーの前に取る食事には気をつけています。

代わりのいない仕事ですから、
お腹を壊してキャンセルなんかできません。

私をわざわざ指名してくださった主催者を
裏切るわけにはいきませんからね。

そう言うわけで、
どんなに、新鮮な魚が有名な場所に出張に行っても、
セミナーの前には生ものはできるだけ口にしません。

主催者とランチで打ち合わせ、というのが、
一番困るのです。

名物を食べさせようと心配りをしてくださっているのに、
その生ものを食べないわけには行きませんからね。

自分ひとりの時には、気をつけているという話でした。

中川さんももう少し、
他人のこと、周りの人の気持ち、
自分の未来に対する想像力、
こういうものを身に着けておけばよかったのにね。

コミニュケーション不適格者だわ。
良くこれで、国会議員になれたわね。
地元の選挙民の人がかわいそうだわ。

とても残念です。

では、また。







  
Posted by MAYUMI YASUDA at 01:53Comments(2)TrackBack(0)

2009年02月14日

富士山、南アルプス、甲斐駒ケ岳・・・、ふぅ。5

みなさん、ごきげんよう。

お元気ですか。

12,13日と甲府の山の方に
セミナー講師のお仕事で出張に行きました。

甲府駅からタクシーで40分ほどの
ある企業の研修センターへ向かいましたが、
途中の山々の美しかったこと。

びっくりしたのは、富士山が大きかったことです。
我が家から見える富士山は、
年々ビルにはさまれて、見える範囲が
小さくなってきていました。

甲府で見る富士山はでかい!
ど〜んとしている。
美しかったです。

南アルプスの稜線もステキでしたよ。

眼福、眼福。

幸せな気分で、
セミナー会場に向かうことができました。

おかげさまで、
「信頼を築くコミニュケーション」の
セミナーも
参加者が乗ってくれて、
楽しく、ためになるセミナーになったと思います。

私のセミナーはインタラクティブ(双方向)型なので、
参加者が楽しんでくれれば、
楽しいセミナーになるんですよ。

参加者のみなさんから、いっぱい元気をもらいました。

ではね。

(なぜか、万歩計は家の玄関でお留守番していました。てへっ)





  
Posted by MAYUMI YASUDA at 03:39Comments(2)TrackBack(0)

2009年02月11日

テレビの収録は、確定申告の話で盛り上がり・・・5

みなさま、ごきげんよう。

今日は良いホリデーでしたか?

さて、昨日のブログで、ちょっと触れましたが、
昨夜、ニュースリアルタイムの番組内の
ここがわからん!」コーナーの
収録に行ってまいりました。
司会はとても素敵な「小西キャスター」です

「知らなきゃ損する もらえるお金」というタイトルで、
専門家は、
社会保険労務士の長沢有紀さんと私です。
長沢さんは、
「女性社労士 年収2000万円を目指す」
という本をお書きになった
双子のママさんで「長沢社会保険労務士事務所」の所長さんでも
あります。
横顔が魅力的な方でした。
(右隣だったもので)
お話がわかりやすく、
テレビ初出演、とは感じなかったです。

失業手当など労働者が守られている
権利のお話をされていました。

ゲストタレントは、
奈美悦子さんと北斗晶さんでした。

奈美さんは来年還暦と思えないほど
スタイルも抜群で、お美しかったです。

北斗晶さんは、大変、腰の低い方で、
感じの良い「輝いている、おかあさん」って感じでした。

素敵な人たちに囲まれて、私がお話したのは、
確定申告の話です。

医療費控除の医療費と認められる範囲の話や、
年金暮らしの人は確定申告をした方が得する理由など
話しました。

医療費と認められるかどうかの基準は、
「治療」かどうかなんですが、
寝たきりの人のおむつ代など、
「治療」でないものも医療費と認められることもあります。

(難しいし、ややこしいのよ)

健康保険が適用される「歯石除去」は
医療費控除の医療費には認められず、
自由診療のインプラントは
医療費控除の医療費として認められるなど、
あ〜、訳がわからん、ってな感じで、
番組はここで大盛り上がり。

北斗さんの一家はプロレスラーがご職業ですから、
ケガがしょっちゅうですからね。

治療費が大変だとかで、
医療費控除は少しお詳しかったです。

収録は50分くらいでしたが、
放送は12分に編集されます。
この盛り上がり感が出るかな?

放送は12日(木)夕方17時25分ころからの
オンエアーの予定です。

明日です。

日本テレビ系列の「ニュースリアルタイム」の中ですよ。
間違えないでね。

私は出張で、移動中なので、
オンタイムでは見ることができませんが、
私よりに先に見た方!
良ければ感想などコメントしてくださいね。


医療費控除の結論は、
「どうかなぁ?」って思ったら、
税務署に電話して聞くべし!
ってこってす。

税務署に電話すると、
相談窓口につながって、
確定申告専門のセンターに回してくれますから、
親切に詳しく教えてくれますよ。

聞いたからって、
あなたのうちに、
税務調査が入るようなことはありませんから、
安心して聞いてください。
名前は名乗る必要はありません。

10万円以上、医療費がかかったら、とにかく
申告しましょう。
(所得が200万円以下であれば、所得の5%以上でOK)

所得税の還付(戻ってくるお金)が少なくても、
住民税の還付がそれを上回ることもありますからね。

めんどくさがらずに、申告しましょう。

1年間の医療費の領収書は
しっかりためておきましょうね。

自家用車以外の交通費は医療費に含まれます。
小さい子どもの付き添いで親が行くときの分も
医療費に入ります。
お医者さんの領収書にかかった交通費を書いておくと
便利ですよ。

市販の風邪薬、怪我したときの包帯や
絆創膏、塗り薬も医療費に入ります。

とにかく「?」であっても、
貯めておけば良いのです。
実際に申告するときに確認すればよいじゃぁないですか。

還付申告は、5年さかのぼれますので、
税務署が落ち着いた4月あたりにでもゆっくりと
行って相談するのも良いと思いますよ。

では、またね。










  
Posted by MAYUMI YASUDA at 20:42Comments(2)TrackBack(0)

2009年02月10日

あちゃちゃ、国会中継で放送日が延期5

みなさま、ごきげんよう。

毎日ジタバタしております、安田です。

先ほど、NHKのディレクターさんから連絡がありまして、
16日の放送予定が、さらに延びて、
じゃーん、
26日(木)になりました。

国会中継は大事ですから、
しっかり見ておきましょうね。

知らなかったわ!
なんて、言ってはいられませんものね、
特に今は大事なことを決めているんですから。

まあ、そう言うわけで、再三延び延びになっていますが、
麺類ではないので、内容はの〜びたりせずに、
新鮮なままですよ。

では、取り急ぎ
ご報告まで。

今日はこれから、テレビの収録に行ってきます。
(放送は12日)

ご報告はまた、明日。  
Posted by MAYUMI YASUDA at 18:08Comments(0)TrackBack(0)

2009年02月05日

「子育ての失敗なんて山ほど!」5

80215a55.jpgみなさま、ごきげんよう。

うす曇の東京から
元気になる話題を。

小学生ママの子育て応援マガジン
edu(エデュー)」2・3月号(小学館)に
共働きの家計管理術のコーナーで
役に立つ情報が載っているサイトとして
私の「安田まゆみの公式サイト」が
紹介されました。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

この「エデュー」の特集は
「失敗は子育ての宝物」です。

その中に、女優・松田美由紀さんの
インタビューがあるのですが、
共感できるところがいっぱいあって、
読み応えがありましたよ。面白かった。


子育ては、「自分育て」の歴史だ。
と、松田さんは語っているのですが、
私もまったく同感。

「子育て」は「親育ち」だと思っています。

今日のブログタイトルの
「子育ての失敗なんて山ほど」は
松田さんの言葉ですが、
私の思いでもあります。
まさに、私の子育ても「失敗の連続」
あとから反省するばかりです。


最後に松田さんが、親としての生きかたを

「私は子どもにはいつも希望を持ってもらいたいから、
自分も努力するし、老いたら老いたなりの経験も
すべて見せていきたい。
最後の最後まで、そうやってカッコよく生きたいなと
思うんです。」

こう語っているのですけど、
かっこいいですよね。

小学生ママはぜひ
先輩ママたちの失敗を学んでみてはどうでしょうか。

200人の失敗が載っていますから
きっといい知恵をもらえると思いますよ。(⌒-⌒)

(昨日の安田 2651歩 半分、引きこもり!)


エデュー09年  
Posted by MAYUMI YASUDA at 13:26Comments(4)TrackBack(0)

2009年02月04日

2月16日放送決定!NHKを見てね。5

みなさま、ごきげんよう。


今日の東京沿岸地域はちょっと寒いです。
昨日は暖かだったのになぁ。

さて、やっと、やっと、放送日が決まりました。

先日のブログでも書きましたが、
NHKの朝の情報番組
生活ほっとモーニング」に出演したのですけど、
収録はしたものの、国会中継と重なって、
放送日が決まらなかったんです。

昨日、NHKから連絡があって、
2月16日(月)8時35分から
放送されることが決まりました!(*゚∀゚)っ

ほっ。

NHKの総合テレビですからね、お間違えなく。
連続テレビ小説「だんだん」のあと
ニュースがありますね、その後です。
チャンネルはそのまま!っていうこってす。

私が登場するのは、9時以降です。
9時25分の番組終了まで、
解説したりコメントしたり、
ちょろちょろ出ていますよ。

確定申告の「医療費控除」について
説明しました。

さて、問題です。

次のうち、医療費として申告できるものは
どれでしょうか?

1.病院へ行くときの電車賃
2.インフルエンザの予防接種
3.診断書代金
4.入院中のパジャマなどのクリーニング代

ちょっとやさしかったかな?
ファイナンシャルプランナーならすぐわかるよね。

正解は、番組を見てのお楽しみ。

なあんてね、お仕事中で
見られない人のために、
17日のブログで解説しますね。


上級編の問題も出してみようかな。
さあ、なんもん(難問)とけるでしょうかね。

16、17日に、乞うご期待!.。゚+.(・∀・)゚+.゚








  
Posted by MAYUMI YASUDA at 15:16Comments(0)TrackBack(0)

2009年02月03日

夫とのコミニュケーションを良くしたいよね5

みなさま、おはようございます。

お変わりございませんでしょうか。

今日も一日、すがすがしい気持ちで
すごしましょう。

笑顔を忘れずに。

さて、昨日の続きです。

夫婦仲良くするために、
妻が知っておきたい、
夫とのコミニュケーション方法です。

結構この手の本は読みましたが、
厳選?してご紹介しますね。

我が家の危機でこんなに買ったわけではないですよ。
念のため。

離婚相談に来る人たちの役に立とうと、
あれこれ読んだわけです。
こじれちゃった夫婦関係を改善できるものなら、
改善した方が良いですものね。

離婚相談の場合、
勧めもしませんし、止めもしません。
状況と、相談者の本音を見定めてから、
必要なことをお伝えするだけです。


修復したい気持ちが少しでもあるならば、
コミニュケーションの取り方を
状況に合わせて、お伝えしています。

離婚にいたらなくても、
「うまく行っていないのよ」とか
「けんかばっかり」
「何で私の言うことをわかってくれないんだろう」

このように感じているご夫婦は多いですね。

せっかく、縁あって結ばれたのですから、
新婚当時のようには燃え上がらなくても、
楽しく暮らしていきたいよね。

ちょっとした努力が、
そのきっかけになれば、いいよね。

コミニュケーション術・会話術を学んでも
「何で私だけが努力しなければならないの!」なんて、
怒らないでね。
気がついた方が、楽しく暮らす努力をする。
それでよいじゃあ、ありませんか。

そんなふうに読んで欲しい本たちです。


賢い女は男を立てる」(ローラ・ドイル:三笠書房)

夫との関係を良くしたい。と思うならこの1冊。
夫を思い通りに操縦することは不可能ですが、
ものは言いようだなぁ、と思わせる本です。

言い方ひとつで、
つまらない思いをしたり、ちょっと幸せになったりと、
楽しく夫婦関係を保つコツを学べますよ。

決して、良妻賢母を目指そうと考えているわけではないのですが、
言葉一つで、男は変わる!かも知れません。
カスタマーレビューも読んでみてはどうかしら。


石井希尚さんの「この人と結婚していいの?」(新潮文庫)も
ぜひ読んでみてください。

結婚前にも読んで欲しいですが、
結婚している人でも、十分役に立ちます。
夫に読ませたいですけどね。
男の側の考えがわかりますよ。お勧めです。


ベストパートナーになるために
ー男と女が知っておくべき『分かち愛』のルール

(ジョン・グレイ:知的生き方文庫)

こちらも参考になりますよ。
時間があれば読んでみてはどうかしら。

男性目線の本ですが、
面白かったですよ。
夫婦力」(汐見稔幸:岩崎書店)


こちらはご夫婦の間のコミニュケーションだけではなく、
親子の関係にも使えます。


それでも話し始めよう
  ―アサーティブに学ぶ対等なコミニュケーション



どの本も、さらりと読めてしまいますが、
きっと、もう一度読み返したくなると思います。

そう言う本だけは、
図書館よりも
ご自身のものとしてお持ちになることを
お勧めします。


読んだら、ぜひ、色々とチャレンジしてくださいね。

成功談、失敗談。
ぜひ、コメントしてください。

他の人の役にも立ちますよ。

では、ご成功を祈っています。






  
Posted by MAYUMI YASUDA at 07:22Comments(0)TrackBack(0)

2009年02月02日

親子のコミニュケーション、どうしていますか?5

みなさま、おはようございます。

今日も一日、元気で過ごしましょう。

落ち込んでいる人は
イケメンの「水嶋ヒロ」くんの顔でも思い浮かべてみましょう。

おや、にっこりしましたね。

その顔で、挨拶しましょうね。


さて、ご相談を受けていると、
「何か参考になる本はありますか」
よく、聞かれます。

今回は、男のお子さんのいる
若いママさんからの要望で、
親子のコミニュケーションを良くするために
参考になる本について、聞かれましたので、
以前もブログで書いたような気がしますが
ご紹介しますね。


河合隼雄さんの
心の子育て―誕生から思春期までの48章」(朝日新聞社)

河合さんの語り口がなんとも言えず、やさしい。
臨床心理学者さんなんですけど、
書かれてあることは、難しくないですよ。

それにユニーク。
Q&Aですが、アンサーになっているようなないような。

「子どもをちゃんと育てていけるか心配です」
という質問に対して
河合さんは
「どういう子育てがいいのか、ぼくにもようわかりません」
と応えています。

無責任だわ、って思いますか?

そうでもないんですよ。
読めばわかりますが、

不安なのは、あなた一人ではない。
そのことを知っているだけで
少しは安心できるのではないか。

こんなふうに、相談者をやさしく包む回答をする方です。

やさしい言葉をかけて欲しい人は
ぜひ、読んでみてはどうでしょうか。
(文庫にもなっているようですね)

次に、西出博子さんの
愛される子どもに育つ英国式マナーコミニュケーション」(きこ書房)

子どもから大人まで、みんながハッピーになる
表情や話し方のが書いてある実践書です。

本を読めば、心が温かくなって、
子どもや周りにいる人に、
優しい言葉をかけたくなります。


親子のハッピーコミュニケーション
(汐見稔幸:岩崎書店)
この本は、具体的な会話の事例が
たくさん載っているので、
今日から使える実践書です。
小学校低学年の子どものいるお母さんにお勧め。

この本は、コーチングの要素も入っていますので、
応用がきくと思いますよ。


小学校高学年になる手前に読んで欲しいのが、

子どもの言った言葉は必ず親に返ってくる

という、恐ろしげなタイトルの本です。

アメリカの事例なので、
会話の中にドラッグのことなどもあって、
かなり考えさせられますが、
とても参考になるので、お勧めです。

よく考えたら、
今の日本もドラッグやピルなど
きちんと教えておかないと
ならない時代になったのだなぁと思います。

こんなところですかね。


次回は
夫婦のコミニュケーションの本のご紹介です。
お楽しみに。

(昨日の安田 7565歩)




  
Posted by MAYUMI YASUDA at 07:24Comments(2)TrackBack(0)