安田まゆみの気まぐれ日記

2009年06月28日

今後3年間の世界の景気について5

みなさま ごきげんよう

珍しく、すごいタイトルになっちゃいましたが、
これには、理由があるのです。

先日、日経ヴェリタスから、FPに向けて、
「今後3年間の世界の景気について」という
アンケートが来ました。

今日付けの日経ヴェリタスに、
その結果が出ています。
ご丁寧にも、
アンケートに答えた、FPの名前が載っていました。
まあ、私の名前もそこにあるわけですが・・・。

3年後の世界経済は
「成長」「停滞」「悪化」というシナリオに対して、
それぞれ何%確立で、起きるのか、
メインはどのようなシナリオか
という見通しを聞いてきました。

私は停滞と悪化と半々くらいの見通しを出しましたが、
やはり、メインは、停滞にしておきました。
結果は、成長シナリオをメインに考えたFPは45%
停滞シナリオをメインにしたのは46%でした。

詳しくは、日経ヴェリタスを読んで欲しいですが、
この記事を読んで、
そのとおりだなぁ、と思ったのが、
先輩FPの紀平正幸さんがおっしゃっていることです。

「個人投資家は、長期保有が正しいと
教え込まれ、株式などの売却のタイミングについて
学んでこなかった。
これでは成果を上げにくいのでは〜」。

まったく、その通りだと思います。

私のところに資産運用の相談に来る方の
そのほとんどが、
儲けの時期を逃して、持ち続けたために
かなりの元本割れになってしまった人たちです。

本当に、もったいない。

「かなり儲かったときもあったのよね」と
遠い目をしておっしゃられても、
「儲け」は実際には、評価額の数字だけ。
きちんと利益を確保していません。

長期保有が良いとは限らないんです。

残念ですが、今の金融機関は、
本当に売るだけ。
購入を勧めるためのせセミナーはしても、
売り時を学ぶようなセミナーは、あまりありません。

だいたい、「長期保有」と「長期投資」は違うものなんですよ。

長期にわたって、投資を続けていくことは、
とても大事なことだと思います。

しかし、儲かっていたら、きちんと
売却するなりの対処が必要になります。

高度成長期のような、
ずっと右肩上がりの経済の状況というのは、
おきにくいと思います。

大きな山を形成して、
相場が上がったり下がったり。
そういう状況の中では、
ある程度の儲けが出たなら売却するように
していかなくては、ただただ損をしてしまいます。

株をもっている方は、
そう言う勉強もこれからは必要です。

私のところでも、少人数で、わかりやすい
資産運用の勉強会をしています。

素人でも、市場に負けない、
コツコツ投資術です。

次回は7月18日です。

詳細はこちら

では、また。
















  

Posted by MAYUMI YASUDA at 18:59Comments(1)TrackBack(0)

2009年06月27日

「母の再婚相手と養子縁組」するって、どういうこと?

みなさま ごきげんよう

今日は、相談者の方から、
ご質問をいただいている
養子縁組について書くことにします。

たまたま二組の方から、
同じような状況にいらして
同じようなご質問をいただいたんです。

  相談を受けて折ると、同じようなご相談が続くことって
  結構あるんですよ。
  おお、シンクロニティ!って感じ。

その方たちは、
母親の再婚相手と養子縁組をすることに
なったので、その手続の方法を
お伝えしますね。

あっと、その前に、
何で、母親の再婚相手と養子縁組しなくちゃならないか。
を説明しておきましょう。

子どもは、実の親がなくなれば、
その財産を相続することができますが、
実の親の配偶者が亡くなっても
財産を受けることはできないからです。

しかし、養子縁組をすることで、
実の親の配偶者の養子になれば、
その人の財産を受け継ぐことができるのです。

具体的な例でお話していきますね。

A子さんの母親は再婚しました。
結構な財産を持っています。
お相手の男性も再婚ですが、
お子さんはいません。
彼も少し財産があります。

もし、A子さんが、養子縁組をせずにいた場合、
母親が再婚相手よりも先に亡くなると
どうなるでしょうか?

母親の財産は、
彼とA子さんが分けることになります。
母親の財産は、半分取得できます。

その後、再婚相手の彼が亡くなると、
どうなるでしょうか?

彼には子どもがいませんので、
全部、彼のご兄弟に言ってしまいます。

A子さんの母親の財産の半分は、
見も知らない人のところにといってしまうのです。

そのような悲しい事態にならないように
A子さんは、母親の再婚相手と
養子縁組をします。

再婚相手の養女となれば、、
彼が亡くなっても
その財産を受け継ぐことができるようになります。

母親が再婚相手よりも先に亡くなった場合、
彼とA子さんが財産を二人で分けます。
そのあと、彼がなくなったら、その彼の財産は、
すべてA子さんのものになります。

財産を持っている親がいる場合には、
養子縁組をするのとしないのとでは、
天地の差、雲泥の差があるというわけです。

養子縁組は養子と養親が縁組をすることです。
A子さんの例で言えば、
養子はA子さん。養親は母親の再婚相手です。

その二人の関係を親子となすための手続が
養子縁組というわけです。
戸籍に記載されます。

手続は意外に簡単。

まず、住んでいる自治体の
戸籍係りのところに行って
養子縁組の用紙をもらいます。

そこに署名捺印をして、提出すればよいだけです。

「養子」となる人の本籍地であれば、戸籍謄本は必要ありません。
「養親(養子縁組をする相手)」の戸籍がその自治体になければ、
その人の戸籍謄本を取り寄せます。

養親も養子もそれぞれ、配偶者がいる場合には、
養子縁組をする同意(署名)が必要です。

A子の場合、A子さんの夫の同意が必要ですし、
母親の再婚相手が「養親」となるわけですから、
その配偶者は実の母親ですので、
母親の同意が必要となります。

用紙を提出する際には、
証人が2人必要になります。
同意した2人でも証人になれますので、
証人欄にも署名してもらえばよいのです。

捺印するのは実印でなくてもかまいません。

以上です。


早めに手続をしましょうね。









  
Posted by MAYUMI YASUDA at 02:02Comments(0)TrackBack(0)

2009年06月26日

ムーンウォークはカッコよかったよなぁ5

みなさま ごきげんよう

朝から、マイケル・ジャクソンさんの
訃報が流れています。

彼を最初に見たのは、
そのむかし、NHKで放送されていた
「アンディ・ウィリアムス・ショー」の中でした。

ジャクソンファイブのころです。
当時は6歳だったのかな。

そのころから歌がうまかったね。

それから、暫くたって、
大人になった?マイケルを見てびっくり。
歌もうまかったけど、
ダンスもシャープでカッコよかった。

私生活では、あまり良いニュースは
伝わってこなかったから、

「好きなことをして、成功しても幸せな人生」
 とはいえないのかもしれないなぁ。
 って思っていました。

成功して大きなお金が動き出すと
好きな歌やダンス、コンサート、
レコーディングに
没頭しているだけじゃ
許されないのね。

周りに良いエージェントや
スタッフがいなかったのかしら?

家庭的に恵まれなかったのは、
もしかしたら、
身近な人とのコミニュケーションに
障害があったのではないかなぁ。


さまざまに伝えられる奇行に
「彼の周りに理解者が少ないのかしら」と
彼の行動の結果とはいえ、
少々同情してみていたんですよね。

以上は勝手な憶測をもとにした
私の気持ちです。

でも、彼を見て、
いくつか生きるうえでの
ヒントのようなものが見えてきました。

才能があるのに、さまざまな事情で
それを発揮できない環境にいることって、
私たちの周りにも似たようなことは
ありますよね。

それでも、わずらわしいことに
目を背けていては、何も解決しません。

こころ閉ざして、見ないふりをしていても
誰も代わりに解決してくれる人は
いないのです。

真摯に現実と向き合うか、
また、それをアドバイスしてくれる
理解者やサポーターが
いないと、幸せにはなれないのかもしれません。

逆に、才能がない凡人(私のことです)でも、
周りによき理解者や
サポーターがいてくれれば、
特に大きく成功しなくったて
「私の人生は幸せだ」と思えるんですよね。

負け惜しみなんかじゃなく!です。

マイケル・ジャクソンさんのご冥福を
心からお祈りいたします。






  
Posted by MAYUMI YASUDA at 13:29Comments(0)TrackBack(0)

2009年06月25日

DVで命を落とす5

みなさま ごきげんよう。

悲しい記事を読みました。

高知市で、DVの夫が
妻と無理心中をしたというのです。

なくなった方のご冥福をお祈りします。

夫は、昨年の10月にDV防止法に基づいて
妻への6ヶ月の接近禁止命令を受けていて、
禁止命令の期限が切れた今年の4月に
妻は戻って同居していたのだといいます。

このお二人に何があったのか、
詳しいことはわかりません。

なぜ妻は戻ってしまったのでしょうか?

DVの被害者はこの妻のように夫の元に
戻るケースが多々あるとか。

それを止める手立てはなかったのかしら?

とても残念でなりません。

DVは心の病だと思います。
被害者も長い間暴力にさらされていると
心を病んでしまいます。

周りの人が気がついたら、
とにかく、保護してくれるところに相談を
すべきだと思います。

「配偶者からの暴力被害者支援情報」
がありますので、
こんな情報も参考にしてください。

まずは、避難しましょう。
次に、弁護士(法テラスと契約をしている)に
今後のことを相談しましょう。

法テラスと契約をしている弁護士さんであれば、
着手金は不要です。
弁護士料金は毎月5250円で、返済可能です。
生活保護申請が受理されれば、以降は弁護士料は
払わなくても良いことになっています。
相手から慰謝料などが取れた場合の
成功報酬は払う必要がありますけどね。

闇雲に法テラスを頼っても
DVに強い、良い弁護士さんに会えるとは限りません。
そのあたりは、要注意です。

DVを比較的多く扱っていて、
法テラスと契約をしている女性の弁護士さんを探すのでしたら、
私も少しは力になれるかもしれません。
(地域によってできないこともありますけれど)

警察への届けは、
弁護士さんと一緒のほうが良いかもしれません。

一人で行っても、
「そんなことは良くあることだ。
夫婦喧嘩の一種じゃないの」
など、被害届を受理してくれない
警察もあるようですよ。

勇気を出して、警察に行ったのに
傷つけられることもしばしばだとか。

暴力の実態があれば、必ず、医者に見せて、
治療を受けておきましょうね。
それが暴力の証明にもなります。

暴力だけでなく、言葉の暴力も
DVですから。
こちらのほうも病院に行ったほうが良いのです。

DV被害者の人は、ご自分を責めている人が
多いです。

どうか、お近くに被害者と思われる人に
気がついたら、配偶者暴力被害者支援センターなどに
相談することをすすめてあげてくださいね。









  
Posted by MAYUMI YASUDA at 01:34Comments(0)TrackBack(0)

2009年06月24日

生活が困難!多重債務!派遣切り!でお困りの方への相談会5

みなさま ごきげんよう

今日の東京は昨日に引き続き、
暑かったですね。

今日は熱い話題です。

皆さんの周りで、こんな人はいませんか?

賃金が激減!生活が苦しい人

借金が返せなくて困っている人

派遣切りにあって、ネットカフェ生活している人

生活保護の申請に行ったが断られた人

こういう方の相談にのる
「なんでも総合相談会(無料)」が開かれます。

弁護士や司法書士、そのほかの団体で構成されている
「つながる総合相談ネットワーク東京準備委員会」や
法テラス東京などが、共催しています。
(記者会見は25日ころらしいので、
新聞等で紹介されるのは、26日ころかもしれません)

6月30日10時から20時まで
会場は、 日司連ホール(司法書士会館内)
新宿区本塩町9−3(JR・地下鉄 四ツ谷駅から徒歩6分)

当日は、電話相談もありますので、
体調の優れない方でも相談ができますよ。

ただし、この電話は当日のみです。
0120―152756 

無料の履歴書を配布したり、
照明写真の撮影サービス、
生活保護申請の手伝いもしてくれます。

何でも相談ですから、
会社にクビを切られそうだとか、
DV被害者、
薬物、アルコール中毒の方などの
相談にものることができます。

周りに困っている人がいたら、
電話番号だけでも教えてあげてくださいね。

ちなみに7月は27日を予定しています。
また、7月29、20日は、
日弁連の大規模な
生活困窮者向けの相談会が開かれるようですよ。

住宅ローン破綻予備軍だと自覚したら、
このような相談会に来てくださっても良いですよ。
または、
すぐにファイナンシャルプランナーに
相談しましょうね。

このあたりのことは、また、別の日にでも。


  
Posted by MAYUMI YASUDA at 20:10Comments(0)TrackBack(0)

2009年06月23日

真実を知らされなければ、命も奪われる5

みなさま ごきげんよう。

今日は沖縄の慰霊の日でしたね。


毎年この日は、特別なものを感じています。

夫は沖縄生まれです。
生後すぐに日本に来てしまいましたが。
(当時、沖縄はアメリカでしたから)

夫の父は、沖縄戦で、家族とバラバラになりながら、
米軍の攻撃から、山岳地帯を逃げ回っていましたが、
あるとき見つかってしまい、
右のわき腹にじゅうたんを浴び、
死を覚悟して横たわっていた
亀甲墓で米兵に助けられて、
九死に一生を得ました。

撃たれたときのその爆発音で、
左の耳もあまり聞こえないように
なりました。

家族や親戚の名前も
平和の碑に記されています。

私も沖縄戦で負傷したことは
知ってはいましたが、
山岳地帯を逃げ回っていたつらい体験は
長いこと、義父の口から
語られませんでした。

喜寿のお祝いのときに
孫や子どもたちにと
きちんと小冊子を作り
はなしてくれました。


沖縄戦で、何が悲惨かといえば、
ひめゆり部隊に象徴される
集団自決です。

米兵は人間ではない、
何をされるかわからないのだという
デマに恐怖心をあおられて、
追い詰められて、自決した人も多かったと聞いています。

今日のニュースゼロのなかで、
ひめゆり部隊の生き残った方が

「真実を知っていたら、
 知らされていたら、
 私たちはここまで追い込まれることはなかった。
 命を落とすことはなかったんです」

 と、語っていました。

恐ろしいことです。

戦争っていつも真実を隠して
起きるんですよね。

それは、死につながっていくわけです。

戦争を始めた日本という国に対する怒りと
真実を知らされないままに過ごしていくことの
恐怖を感じるのです。

それは、単に64年前の出来事だといっては
いられないからなんですよ。

私は、セミナーの中で、いつも
「知らないで損をするのはもうやめよう。
 もっと、自分の国の
 制度に関心を持ってほしい」と
話してきました。

税金のことも「知らないで損をする」こと
なんて結構あります。

社会福祉制度のことなどは
本当に知らされていないことがいっぱいあります。

離婚の相談を受けたり、
弁護士費用を安く抑える方法だって、
条件さえ整っていれば、
生活保護が申請を受理されないことはないはず。

そんなことも、多くの方は
知ってはいません。

「損をする」だけなら良いのですが、
政治や政策に関心を持たないと
命まで奪われることになるのではないか。
そんな恐怖を感じることが
最近は多いです。

戦争を放棄した国なのに、
武器も戦闘機も、たくさんもっていて、
近くにいる漁船も探知せずに沈ませてしまうような
精度の悪い船に莫大なお金をかけている
国のあり方に、
そら恐ろしいものを感じてしまいます。

憲法9条だって、危ういですよ。

この沖縄の慰霊の日には、毎年、
「知らないことの恐怖」を
改めて、感じるのです。


  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:58Comments(0)TrackBack(0)

2009年06月20日

マリアージュコーチってご存知ですか?5

みなさま ごきげんよう

さて、皆さんに質問です。

マリアージュコーチってご存知ですか?

結婚式に向けてのコーチをしてくださる人のことのようです。

先日、私のセミナーにいらしてくださって、
名刺交換させていただいたのが、

マリアージュコーチで、ブライダルコンサルタントの
鈴木一彌(ひとみ)さんです。

彼女の会社のホームページを見ていただければわかるとおり
結婚式のことなら、何でも相談にのってくださいます。

一流ホテルでも、結婚式を安く上げられる方法があるとか。
いわゆるシーズンオフや仏滅を利用することもあるのですけど、
そのほかにいろいろな知恵や工夫があるようですよ。

新婦の食事マナーなどの
セミナーもやっているそうです。

何と言っても、結婚する二人らしい
結婚式にすることができると言ってらっしゃいました。

ユニークなサポートもされています。

これから、結婚の予定のある人や、
結婚するって決まったけど、どこからてをつけてよいのやら
わからないという方には、
ぜひ、彼女のコンサルティングを受けてみてはどうかしら。
お勧めです。

結婚式って、お金をかけようと思えば、
底なし沼みたいにかかってしまいます。

やっぱり、予算が大事。
でも、何がどうあれば、妥当な金額になるのかは、
わかりませんよね。

そう言うときにこそ、
プロの目が必要なんです。.。゚+.(・∀・)゚+.゚

まずは、このようなセミナーから言ってみてはどうかしら?
予定のない人も参加できるそうよ。

う〜ん、28年前にお会いしたかったわね。(●´ω`●)

娘の時には、ぜひ、お願いしたいです。
(って、ボーイフレンドはいるけど、結婚はいつだろうか?)






  
Posted by MAYUMI YASUDA at 01:36Comments(0)TrackBack(0)

2009年06月18日

相続のやり直し5

みなさま ごきげんよう

ルンルン
今日はちょっといいことがあったのです。

相談者の声でも紹介している、
あゆみさんの相続の件で、
担当の弁護士さんのところへ
二人で行ってきました。

長い間、硬直状態で進展がなかったので
どうなっているのかと心配していましたが、
裁判所への申し立てがうまく行きそうで、
ほっとしているところです。

過去の相続のやり直しは、結構準備に時間がかかります。

特に時間がかかるのは、戸籍です。
なくなった人(被相続人)の
生まれてからの戸籍を洗い出さなければなりません。

相続人を確定させるためです。
(隠し子が他にいないか、調べるわけですね)

明治時代の初期から、
戸籍制度が何度か改正されました。
そのつど、戸籍が新しい方式に書き換えられたり
しています。
そんなこんなで、今は使われていなくても、
以前使用されていた戸籍も取り寄せなければならないわけです。


お年を召した方の場合、
明治時代の戸籍を見ることになります。

毛筆で書かれたものが多いですよ。
あまりの達筆さに
解読が困難になることもしばしばです。
(私も別の案件で、戸籍を取り寄せていただいて
拝見しましたが、解読に時間がかかりました)

昔は養子縁組も盛んに行われていますし、
生まれたときから、養子届けを出さずに
親戚の子を実子として届けているような場合も
あって、昔の戸籍は必ずしも真実、というわけでは
内容なんですよね。

でも、それはもう判断のしようがなく、
戸籍に書かれてあることで、
話を進めなければならないのです。

戸籍から、前の戸籍へ、
そのまた前の戸籍へと
なくなったときから、生まれたときの戸籍を
手繰り寄せる作業は、
結構大変なんですよね。

まあ、今回は、こうした書類が
全部そろったということで、
とにかくほっとしました。

やっと、スタートに立てた感じです。

これからが本番。

どれだけ、真実が明らかにされるか!
それが勝負です。



  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:43Comments(0)TrackBack(0)

2009年06月17日

「安田流 お金が貯まる魔法のシート」を披露しました。ふふふふ5

みなさま ごきげんよう

今日は、夕立もカミナリもなく、
穏やかな夕暮れでしたね。

皆さんのところはいかがでしたか?


私は午後から、労働組合主催のライフプランセミナーの
講師を勤めてきました。
会場のリーガロイヤルホテル東京は
外の景色が都会とは思えないほどの
緑の木々でいっぱいで
とても気持ちがよかったです。

ライフプランセミナーは
47歳から50歳までの組合員が対象で、
ご夫婦で参加された方も
何組かいらっしゃいました。

老後に必要な資金の計算の仕方や
実際に貯めるためには、どのように家計をやりくりするかとか
いつものようにお話させていただきましたが、
今回は、
ジャジャジャ〜ン!
「安田流 お金が貯まる魔法のシート」を特別に
披露しちゃいましたぁ。

(私のセミナーは少しずつ進化するのだ)

ふふふ、この「お金が貯まる 魔法のシート」
役に立ちますよ。
毎月、このシートに記入すると「ふふふふ」って思わず、
笑っちゃうかもしれません。

どのようなシートか気になりますでしょ。

欲しい人は、
やりくり塾に来るしかないですね。
次回のやりくり塾で、配るつもりです。

「必ず貯まる!やりくり塾」は、
6月27日(土)にやりますよ。


目標設定の仕方も
その実現方法もみっちりお教えしますよ。

このやりくり塾は、受講だけで、終わりません。
お家に帰っての
宿題があるのですよ。

毎月、予算と決算を送ってもらって
アドバイスさせていただきます。

4月のやりくり塾の
塾生の皆さんとはまだ
やり取りが続いていますよ。

お金がたまらなくて、
困っている人は、
セミナーにいらっしゃいね。

お席は空いていますから、
今からでも大丈夫。




  
Posted by MAYUMI YASUDA at 22:49Comments(0)TrackBack(0)

2009年06月16日

お金の寺子屋にキャンセルが出ました5

80e33eac.jpgみなさま ごきげんよう

先ほどは、すごい雷雨でしたが、
皆さんのところはいかがですか?

カミナリ注意報がたくさんの地域で出たそうですね。

水害にはなっていませんか?


本日、ほぼ満席となっていた、
20日(土)の「お金の寺子屋」
キャンセルが出ました。

ご夫妻でお見えになる予定でしたが、
ご両親が緊急の手術をすることになったとかで、
ご実家の方に帰ることになり、
キャンセル、になりました。

資産運用にご興味のある方
貯金だけじゃ、ちっとも増えないとお悩みの方
塩漬けの金融商品がある方

いらっしゃいませんか?


実は今日も茗荷谷の知人の会社で、
寺子屋の内容と同じ、ミニセミナーを
やってきました。

4人のご家族で、
お話を聞いていかれました。

ありがたいことに、
「こんなわかりやすい話なら、
 もっと前にお会いしていたかったわ。
 そしたら、いまころは資産が増えていたわね」
との感想をいただきました。

おかげさまで、この「お金の寺子屋(資産運用編)」は、
好評で、
埼玉であったり、茗荷谷であったり、
「こちらの方にきてください」とのお声賭けをいただき
少しずつ開催が増えています。

どうぞお気軽にお声をかけてくださいね。

もしよろしければ、20日の寺子屋に
お申し込みくださいな。

お待ちしています。

写真:
公園の花壇を見ていたら、
私を撮って!って花にナンパされました







  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:43Comments(0)TrackBack(0)