安田まゆみの気まぐれ日記

2009年11月30日

こころ温まる言葉

みなさま ごきげんよう。

今日はなんだか鈍い色の日差しでしたねぇ。
部屋から外を眺めても「寒い」感じでした。

月末で、バタバタしていましたが、
ふとラジオに耳を傾けると
こんな話が聞こえてきました。

あるリスナーからの投稿です。

電車に乗っていたとき、
初老のご婦人が乗り合わせてきたので、
席を譲ろうと声をかけたそうです。

そうしたら、そのご婦人は
「この次に、また譲ってちょうだい」と
お断りになったのだとか。

そのリスナーさんは、
今でもその言葉を忘れることが出来ないと
言うことでした。

かっこいいなぁ。
その初老の女性は。

上手な断り方だよね。

譲ってくれた人を傷つけることなく
さらっと、譲っていただかなくても大丈夫、と
意思表示することが出来るなんて、
なんて素晴らしいんだろう。

ちょっとこころが温かくなるよね。
じんわか、しますね。

私はそんなカッコ良い大人に、なれるだろうか。

いや、カッコよい年寄りになれるだろうか。

う〜ん、深いぞ!

私がもう少し歳を取って、60歳くらいで、
席を譲られたら、どうしよう。

空いた席に素早く座るのは、得意だけど
譲られたら、複雑な心境だろうなぁ。

気の利いた言葉で、その心持を返せるか?
それとも
「結構です」と言ってしまうだろうか。
ちゃっかりと座るだろうか。

それまでの人生が表れてしまうよなぁ。
どうしよう。

カッコよく歳を取るのには、
それなりの覚悟がいるんだなって、
気づきました。

ああ、だから、「生涯勉強」(座右の銘)なのよね。

心温まる言葉を聞いて、
10年後の自分に思いをはせたのでした。

今日のことは、
こころの手帳にしっかりと書き記しました。
  

Posted by MAYUMI YASUDA at 23:28Comments(0)TrackBack(0)

「人の話を聞く」のは難しい

みなさま ごきげんよう。

今日の東京は、はちょっと寒かったです。

夕方、石川遼くんのゴルフをちょいと見ておりましたが、
高知も寒そうでしたね。

日ごろ実感しているのは、
「人の話を聞く」のは難しい!ってことです。


ファイナンシャルプランナーですから、
そして、有料で個人の相談を受けているわけですから、
とにかく、人とお話をする機会が多いんです。

ご相談者の話をしっかりと聞く、って
難しいって思うようになったのは、
FPになって、有料相談を始めてからです。

ご相談をお申し込みになる方の中には、
いろいろな方がいらっしゃいます。

ご自身でも問題の本質を分かっていないで、
「不安」を抱えてくる方もいます。

そう言うときには、表面的なご相談内容に
注意をしながら、
どこかで
「この人の抱えている問題は
 相談内容とは違うかもしれない」と思うときには、
 「何故、そのように考えたのか」を
聞く必要があるのです。

相談者が話し上手とは限りません。
あっちこっちに話が飛んでも、
その人が抱えている問題が
どこにあるのかなぁって
思いながら、話を聞くことが求められます。

相談者の方の
現状を受け止めて、
ともに問題を解決しますよ、という姿勢をとりながら
お話を聞くためには
それなりの、技術が必要になります。
結構 難しいのですよ。

ファイナンシャルプランナーは
先生ではありません。

相談者にとって、
ガイドのようなもの、だと思っています。

「富士山に登りたい」と言われれば、
富士山に行くための
装備やいくつかのルートがあることを
お伝えする。
そう言う知識はしっかりと持っていて、
そしてその選択肢の持つメリットやデメリットを
お伝えする。
これがFPの仕事だと思っています。

選ぶのは、お客様。

お客様の行きたいところに(=夢)
お連れできればよいのです。(=かなえるお手伝い)

学校の先生のように
「そっちへ行ってはダメですよ」と
自分の価値観を押し付けたり
するべきではないのです。

FPになりたてのころは、
それが出来ませんでした。
表面的な問題に目を奪われて、
偉そうに、しゃべってしまってました。

「保険の見直しは、こうしなければダメです」
なんてね。

自分の価値観の押し付けを平気でやっていました。
ああ、いま、思い出しても恥ずかしいです。

で、いま、それがクリアできているかといえば、
そうともいえません。

まだまだ、修行中です。

恥をいっぱいかきましたから、
同じような失敗を重ねては進歩がありません。
必死で勉強しました。
今も勉強していますし、
教えてもいただいています。

道半ば!ですよ。

でも、そんな私が、
これから相談を受けようと思っている
FPの皆さんに向けた、
相談業務の現場での
お客様とのコミニュケーションについて、
少し、お話させていただく機会を得ました。

失敗談も含めた
私の勉強してきたことなどの話、
現場での実務などです。

この課題で、セミナーをさせていただくのは、
5回目になりました。

先々週の金沢でも同様の話をさせていただきましたし、
来年2月には、群馬のほうでもお話します。

このようなお客様とのコミニュケーション話の
要望があるということは、
とてもうれしいです。

FPは知識だけでは、
相談は出来ない、と思ってくれている人が
増えているっていうことですからね。

カウンセリングマインドを持った
FPが増えると
世の中は、もっとよくなりますよ。



FPとして、相談を受ける立場の人は、
ぜひ、私の失敗談を聞きに来てください。ふふふ。

同じような失敗はしなくてすみますよ。


1月31日(日)10時から13時まで
主催は、ビジネス教育出版社です。
教育継続研修としての単位は3単位。


詳細はこちら


ちなみに、当日の午後も
同じ会場で、FP向けのセミナーをします。

家計相談の現場でのお話です。

もちろん、FP自身が家計のやりくり術を
理解していないとなりませんので、
家計術のお話をさせていただきますし、
作ったばかりの「○×式新しい家計簿」を
フルに活用しようと思っています。

ご興味のあるFPのみなさま。

よろしければ、お申し込みくださいね。











  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:22Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月27日

どんぶり賛歌

みなさま ごきげんよう

今日も温かな一日でしたよ、東京は。

みなさんのところはどうなのかなぁ?


さて、今日は、歌を作りました。
「どんぶり賛歌」です。

以前は、よく歌っていましたね。
でたらめ歌ですけど。

イメージは竹中直人さんみたいな、
そのとき感じたことや
気分を歌にしちゃう、あれです。


子どもが小さいときは、
もうたくさん歌っていましたし、
踊っても?いました。

原曲はどうなっていたのやら、
すっかり
忘れてしまいました。
てきトーにアレンジしていますからね。

兄妹げんかをしていた時によく歌っていたのが、

「ぶったらブタによく似てる〜、
 3年前からブタだったぁ。
 ブヒッ」

 です。

 他には、

「お片づけ〜、お片づけ〜、
 さああさ、みんなでお片づけ〜
 お片づけ〜は楽しいなぁ〜」

「出しっぱなしの“パナシ君”
 濡れたタオルは、ココにはおくなああ!!」

 とか。

まあ、あまり人様に見られてもなんですが、
歌いながら、お家の中をくるくる回って
いたりしますよ。( ̄∠  ̄ )

CMの真矢みきさんみたいですが、
あのようにカッコいいものではないです。

ストレス解消なのか、自分を励ましているんだか、
自分でもわかりません。

歌う→楽しい→踊る→さらに楽しいヾ(=^▽^=)ノ

行動を変えることで
気分をアゲアゲにしたい自分がいるんですよね。多分。

原稿を書いていたりするときによくやっていますね。

作家の佐藤愛子さんも似たような行動をされていたとか。

私だけじゃないことに胸をなでおろしていますけど。

 
さて、カラオケ大嫌い!な、私が作った歌は
「どんぶり賛歌」です。

さんまさんがしょうゆのCMで歌っているあのメロディーに
あわせて、何気に口をついて出てきました。

「どんぶりだぁって、
 ええじゃないか ええじゃないか
 ザルと違って お金が貯まるよ〜♪」

「○×式新しい家計簿」を持って、
 さんまさんみたいに踊ってみました。

 ハハハハ、ああ、楽しい!( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

「どんぶり」って言う響きがいいですよねぇ。
 ほわん、として。
 丸くおさまるっていいじゃない。角が立たないし。

昨日、何を買ったかなんて、
細かいことは気にしない〜って言う気持ちで、
歌ってみました。


気分が優れないときは、
みなさんも歌を歌ってみましょうね。

「どんぶり賛歌」もいいですよ。

声に出してみると、空気が変わります。

ストレッチもかねて踊ってもよいですね。
(誰もいないときが良いかもしれませんぞ)

ってな訳で、今日は安田の日常をお伝えしました。(・◇・)ゞ

(注)
特に酔っ払ったりしているわけではありません。 

明日は、寺子屋。
どのような出会いがあるかしら?
たのしみだなぁ。

  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:27Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月26日

金沢出張エピソード2―兼六園は美しかったぁ

091113_1515~0002


みなさま ごきげんよう

今日の東京は、日中ぽかぽかと温かかったです。
みなさんのところはどうでしたか?


さて、昨日の続きで
金沢のお話です。

金沢は2度目。
前回は日帰りだったので、飛行機で行きましたが、
今回は、午前中にセミナーがあるため
前泊しなくてはなりません。

そこで、少し時間がかかっても、列車の旅を選びました。
新幹線で、越後湯沢に。
そこから特急に乗って2時間半。

乗換えが少ないから
ゆっくりとセミナーの準備や
本を読みながら、車窓からの眺めを楽しみました。

と言っても、かなりトンネルが多くてね。

耳がキンキンしちゃいましたが、
でも、日本海が見える景色はよかったですよ。

前泊ですから、
じっくりと金沢見学が出来ると
事前に調べていきました。
金沢で行きたかったところは、2つ。
兼六園と21世紀美術館です。


兼六園は、岡山の後楽園とはまた違った
庭園の美しさで
飽きなかったですね。

高い木が多くて、
散策とか思索するのによい場所だなぁって
思いました。

考え事をしながら、池の周りをめぐって、
疲れたら、東屋で休んで、また、
気が向いた方向にテクテク歩いて、
滝にであったり、茶室に行き当たったり。
ぶらぶら散歩には、よいですね。( ̄∠  ̄ )ノ

残念だったのは、カラスが多くて、
鳥のさえずりなどは聞こえなかったことです。
ちょっと情緒にかけたなぁ。

鳥のさえずりは、
我が家の目の前の公園の方が
たくさん聞こえますよ。

「金沢」という名前の由来がある
「金城霊沢(きんじょうれいたく)」も見てきましたよ。

むかし、芋を洗っていたら、砂金が出てきたという場所です。
泉が湧き出ていたところなのだそうですが、
今は、井戸になっていました。

同じ水源を持つ
金沢神社のお水もいただいてきました。
甘みのある美味しい水で、
元気が出ました。

もちろん
「お金にご縁が有りますように」と
祈ってきましたよ。へへへ。( ̄ー ̄)ニヤリッ

閉園の5時まで粘って、
夕暮れ時のちょっとライトアップも
始めたころあいも
風情があって、よかったわ。

真弓坂口をでて、お隣の21世紀美術館へ。

21位世紀美術館は、
面白かったなぁ。(⌒-⌒)

一部改装中で、
お目当ての不思議なプールは、
上からしかのぞけませんでした。
ミスは10センチほど張っていないというのに、
プールのそこまで、水があるように
思えたのは不思議な感覚でした。

アン・ウウィルソンさんの
「逸脱の行動」という
レース糸などを使ったアニメーションは、
とても切なくて、
印象に残りました。


みなさんも、金沢においでの際には、
この二つはお勧めスポットですよ。

まあ、出張の楽しみといえば、
このような、歴史を感じさせるものや、
美術館をめぐることです。

自分にとっての「非日常」なので、
好奇心旺盛の私にとっては、
脳のご馳走なんです。

楽しくて、ワクワクしちゃう。
癒されるんですよね。(⌒∇⌒)

呼ばれれば、全国、どこの都市にも
伺いますよ〜。

本当にデフレが来るかはまだ分かりませんが、
来年は、さらに生活が厳しくなる世帯が増えると思います。

家計管理の更なる引き締めが必要になるでしょう。
やりくりのコツがまだ、つかめない家庭も
まだまだ多いでしょう。

そんなご家庭に
私の作った「○×式新しい家計簿」
広めていきたいと思います。
必ず、貯まるようになるからね。


PTAでも自治体でもよいですから、
お声をかけてくださいね。

どこへでも行きます!ヾ(=^▽^=)ノ









  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:25Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月25日

金沢出張エピソード1ー地元のテレビでも「安田まゆみ」の名前が・・・

091118_1250~0001
みなさま ごきげんよう

ここ2,3日は、
ジャケットにストールを羽織るだけの
カッコでも大丈夫な
穏やかな日ですね。

みなさんのところはどうですか?

さて、先々週末に出張で、金沢に。
昨年訪れたときは、
日帰りで、まったく金沢を楽しめませんでしたが、
今回は、しっかりと金沢を満喫してきましたぁ。(^∀^)

FP協会石川支部からのご依頼で、
セミナー講師のために。

午前中はFPのための研修と
午後からは、一般の方向けのセミナーでした。

FP向けの研修は、
「相談業務とコミニュケーション力」

私の失敗談!を交えながら、
相談の現場で、どのようにお客様と
コミニュケーションを取っているかというお話を
実習を交えてお話させていただきました。

今まで、どのような本や研修を受けてきたかも
お伝えしましたよ。
盛り上がっていただいてよかったです。


午後のセミナーは一般の人に向けたお話で
「大丈夫!家計簿をつけなくてもお金は貯まる!」。

参加者は200人近くも。

地元の新聞やテレビのスポットで、
「安田まゆみ」が講演するぞ〜と
宣伝してくださったのだとか!

石川支部の事務局の方にお聞きして、
初めて知りました。

すごいぞ!私。Σ('◇'*)エェッ!?
ビックリだわ。
「安田?だれ、それ」とか
「そんな人は知らない!」って
思うと思うのですけどね。

まあ、200人近く集まっていただいてよかったですよ。

タイトルに引かれて集まってくださった人に感謝!です。

参加者の人とのやり取りをしながら
セミナーをするのが安田流。

参加してくださった人にお聞きしたところ、
隣の市から
1時間以上かけて、車で参加してくださった人もいたのよ。

ありがたいよね。

期待を裏切れません。
うれしいプレッシャーを感じつつ
しっかりとお話させていただきました。

アンケートを終了後見せていただきましたが、
おおむね、好感触で、よかったぁ。
主催者に顔向けが出来る〜って、ほっとしました。(´∀`*)


もちろん、その後のビールが美味しかったことは
言うまでもありません。

セミナーの終了後は、主催者の石川支部の方と
懇親会です。
セミナーの前は生ものを食べない主義なので
やっと金沢の美味しいものが食べられました。

美味しいお魚とかにを堪能しました。

かには解禁になったばかりという
「甲箱」というメスをいただきました。

金沢はお料理も美味しいですね。
冶部煮も。

お酒もおいし〜い。ふふふふ。

幸せなひと時でしたよ。


美しい兼六園のお話は、また次回。

(写真は、金沢のお土産に買ってきた
「起き上がり最中」です。
縁起がよさそうだったので、思わず買っちゃいました)













  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:54Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月24日

東武百貨店でのセミナー

091118IMG_0441
みなさま ごきげんよう。

寒いですね。
まだまだ、冬の序盤なのに、
今から寒がっていては、
情けないのですが・・・。

先日、船橋の東武百貨店で、
「○×式新しい家計簿」の
出版記念イベントのセミナーを
してきました。


百貨店内にある喫茶店を使ってのセミナーでしたが、
参加者のみなさんは、集中力を途切れさせること無く?

お話を聞いてくださって、うれしかったです。

たくさんの人においでいただき
感謝!です。(*゚▽゚*)

参加者の中には、以前、
ご相談にこられた方もいらっしゃってくださいました。

なんだか、幸せなセミナーでした。

もちろん話の内容は、
あたらしい家計簿を使って、どうやって、
お金を貯めるかです。

熱心にメモを取ってくださっていた方もいらっしゃいます。
帰り際に、とても参考になりました。
とか、個別に相談させてください。
などなど、うれしい感想も聞くことが出来ました。

やりくりのお話は、
12月5日にも「必ず貯まる!増える!やりくり塾」
でもやります。

また、12日にもやりくり塾は開きます。

年末のあわただしい時期ですが、
住宅ローンの破綻に、不安を抱えるご家庭などが、
ご参加を希望しています。

まだ、十分、お席もありますから、
皆様からのお申し込みをお待ちしています。


やりくり塾は、お金の寺子屋よりも
参加費は高くなっています。

その理由は、やりくり塾は、実際にお家に帰って、
予算を立ててもらい、
その予算表をFAXしてもらって、
アドバイス。

さらに1ヵ月後に決算をしてもらって、
そのデータも送ってもらい、
アドバイスさせていただくという
フォローが付いているからなんですよ。
ふふふ、宿題みたいね。

だから、必ず、お金は貯まっていくのです。

やりくりに自信の無い人〜ヽ(・ε・)人(・ε・)ノ
みんな来てね。





  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:53Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月17日

6日連続のセミナー講師

みなさま ごきげんよう。

今日の東京は寒かったです。
みな様のところはいかがですか?

明日は、日本側は雪 だそうですね。

風邪など引かないようにね。


金沢市での午前、午後のセミナーを皮切りに、
19日まで、
連続6日間の
セミナー講師をすることになっています


誰が計画を立てたんだぁ〜!!

って、私以外にいないわけで、
ちょっと後悔しています。

まあ、結果的にそうなってしまったわけで、
最初から、意図的に組んだスケジュールでは
ないんです。

今日が折り返し地点なのに、
もう、息が上がっているといいますか、
よれよれしている自分がいるわけです。

6日間のセミナー講師だけなら
息が上がることもないです。

レジュメも作りながら、
その間に
ご相談者からのメールに返信したり、
フォローを入れたりという
日常業務もこなしながらの6日間なので、
走り続けている感じなんですよね。

それで、体力の限界を感じているわけです。

われながら、悲しいわ。

今日は早く寝ます。

明日は、
船橋の東武百貨店で
「○×式新しい家計簿」
出版記念セミナーです。

お肌のつやを良くしておかなければ
なりませんもの。


と、いうわけで、
金沢で体験した、面白い話は、
また、後日。








  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:56Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月11日

「高島屋」でお買い物

みなさま ごきげんよう。

いかがお過ごしですか?

091109_1658~01


先日、高島屋の食品売り場で、アルバイトとしている
娘に誘われて、
日本橋高島屋で開催している「草月展」にいってきました。

091109_1700~02

いけばな展は久しぶりでしたが、
迫力ある造形に、驚いたり感心したり、
楽しい時間をすごしました。

その翌日は、
母と高島屋でお買い物。

母との買い物はここ数年、
高島屋、と決めています。

理由は、
自宅からいちばん近い百貨店だということと
日本橋にあるもうひとつの老舗の百貨店よりは、
ひとつひとつのお店や売り場が、
ゆったりとして、
接客も温かいからです。

それに年に一度とはいえ、
何度も行けば、
どこに何があるか、おおよそ分かっていて
買い物しやすいから
足が向いてしまうのかもしれませんね。


洋服を買うときは、
ニットの講師だった
母にコーディネートアドバイスを
頼むことにしていましたが、
父の病気や本人の体調などもあって、
ずっとご無沙汰。

母と一緒に洋服を買いに出かけるのは、
二年ぶりです。

この間、ほとんど洋服は買っていません。
ユニクロのヒートテックなどの外は。

だから、この二年間の
年間被服費は、1万円もしないと思いますよ。

(さすがに二年も買わないと
 体形が・・・で、着られない服も・・・)( ̄▽ ̄;)!!ガーン

デパート大好きな母と一緒に買い物を
するのは、実は、これも親孝行なんです。

母は、生地や発色などについて、
とても知識が豊富です。

その上、講師ばかりが集まる
ニットの講習にもいまだに出ているので、
流行色やトレンドの形なども
詳しいのです。

店員さんたちと勝手に話が弾んでいるんですよ。
「よくご存知ですね」なんていわれて、
嬉しそうにしているわけです。

そう言うときの母は生き生きとしていて、
若い店員さんたちと会話するのが、
楽しそうなんですよね。

いろいろなブランドのショップを
「あーだ、こーだ」いいながら
見て回って、さわって、
店員さんとおしゃべりすると、
とっても元気になるのですよ、母は。(⌒∇⌒)

洋服を買うだけではなく、
「非日常」の接客を受けながら、
百貨店でゆったりと買い物をするのは、
こころは晴れやかになるのでしょうね。

何度も「楽しいわね」と言っていましたから。
だから、「親孝行」なのです。


私がちょっと試着室に入っている間に
ちゃっかりと店員さんたちに
私の新しい家計簿の宣伝をしているのには、
びっくり。

「その家計簿、欲しいです」なんていわれて、
喜んでいましたよ。
お世辞だと思うんですけど、ね。
私も少しうれしかったりしますもの。
しょうがないか。


お買い物と言っても
たくさん買い込んだりしません。
持っているものを生かして、
流行なども取り入れながら、
着まわすために
足りないものを買いに行く、という感じです。

母は、私の持っている服を把握していますから
セミナーの講師で着ていく服や、
テレビ出演のときの服なども
気回しを考えて、
最小限の買い物で、最大限の効果を発揮するよう、
小物使いまで、
アドバイスが入ります。

素敵なピンブローチも
買いました。
光物にも知識があるのですよ、母は。

カットの加減がどうだとか、
これは小ぶりでも光るし、
値段も割安だわ、とか。

まあ、そう言うことは母にはかないません。

ファイナンシャルプランナーと同じように
一家に一人は欲しいアドバイザーだと思っています。
(かなり口数は多く
 「面抱くさー」と
 思うこともありますけどね)


2年間、毎週テレビに出ていたので、
私がたくさん洋服持っていると思われていますが、
実は、そんなに持ってはいません。

同じ服でも
「また、いつものだ」と思われないように
小物やインナーで、変化をつけていました。
それもベースは、母のアドバイスによるものです。

母の御用達の「リサイクルショップ」は
ブランド物のインナーが千円位で
買えたりするので、
普通のスーツに合わせてきたりすると、
全体がよく見えてしまう、という
「錯覚」をよく使っていました。へへへ。

ですから、30台のOLさんと比べてみても
年間の被服費は決して多くはないのです。(自慢)

ふふふふ。


まあ、そう言うわけで、
洋服のお買い物は、
母と一緒に高島屋に行くのです。


  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:57Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月09日

あきらめずに、再度チャレンジを!

みなさま ごきげんよう。

お元気ですか?

今週末に出張を控えているので、
インフルエンザにかからないように
健康に慎重になってます。

金沢でのセミナーは、
FP仲間に向けたもの以外に
一般のお客様もンでいるので、
キャンセルできません。

熱があっても、講演をすることはできますが、
インフルエンザだけは、
人に感染させてしまうので
人前に立つことは許されません。

「這ってでも」いってしまうと迷惑!に
なりますからね。

それだけは避けなければ!と
肝に銘じております。

ですが、今日はちょこっとのどが痛くて、
これから、温かくして寝るところで〜す。(´・ω・`)

さて、今日、友人から、
「楽天ブックスで、安田さんの家計簿
品切れになっているよ」との電話。

注文したのに、メールが来て、
品切れだから、注文は、受けられませんという
内容だったらしいのです。


「品切れ」になるほど、
注文が殺到しているのは
とってもうれしいです。(*゚▽゚*)

ありがたいですけど、
「注文は受けられません」なんて、
メールが帰ってきたら、困っちゃいますね。オオーw(*゚o゚*)w

いまの時点では、在庫は28冊ということですから、
安心して注文していただいても
大丈夫です。

品切れでも、少し時間を置くと
ちゃんと入荷してくださるそうなので、
注文するのを「あきらめないで!」くださいね。

お願いします。


家計簿を購入されたみなさ〜ん。

ぜひ、感想などをお聞かせください。

質問も大歓迎。
もちろん、ブックレビューもありがたいです。

コメントお待ちしていま〜す。ヾ(=^▽^=)ノ






  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:39Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月08日

「ものごとは努力によって解決しない」

みなさま ごきげんよう。

このところ何度も何度も開いては、
「う〜ん」とうなっているのが、
「こころの処方箋」(河合隼雄著)
です。

河合先生は、
日本におけるユング心理学の第一人者として、
有名なカウンセラーです。

たくさんの相談者の話を聞いている
カウンセラーの河合さんの言葉には、
重みがあり、
次元が違いすぎて、足元にも及ばないのですが、
「そうなんだよなぁ」と
思うところが多いのです。
それだけ、分かりやすく書かれているんですよね。
それでいて、おくが深い!


この「こころの処方箋」の中の
一説にタイトルの
「ものごとは努力によって解決しない」と
いうくだりがあるのです。


「努力すればうまく行く」
というのは、本当に正しいのか。

「人間が自分の努力によって、
 何でも解決できると考える方が
 おかしいのではないか」

と、河合さんは言います。

努力しても解決できないと、
「自分の努力が足りないせいだ」と
不必要に自分を責めたり

「努力しても解決しないのは XXのせいだ」と
他人を恨んで、苦しみを倍増させたりする人がいるが、

それは、
「努力すれば、ものごとは解決する」と
考えるから
自分を責めたり、誰かを恨んだりするのではないか、
というのです。

私も思い当たることが有ります。

相談者の方が、よくいうんですよ。
「こんなに努力したのに、お金がたまらないんです」って。

この場合の努力とは、
「家計簿をつけている」ことだったり
「特売を買ったり」
「贅沢はしていないつもり」だったりなんですけど。

意地悪な見方をしてしまうと、
「こんな努力をしています」というのを
ひとつの免罪符にして、
本当の解決には目を向けていないのではないか。

そう思うことも多いのです。

努力する方向が違っていれば、
いつまでも解決はしない(=お金は貯まりません)。

努力をしても報われないので、
自分を責めている人は多い。
そんなに責めなくても良いと思うのですけど、
自分を責めてしまう。

ところがこれも、
本当の解決に向かうよりも
自分を責めている方が楽だから、
自分を責めているのではないだろうか。

そのような風にも、思えるのです。

努力によって解決しないのだから、
努力する必要はない、といっているのでは
ないのです。

しないよりは、した方がよいです。


でも、「ものごとは努力によって解決しない」ことを
知っていれば、

「努力する」ことを手放せます。

「あれ?このやりかたでよいのかな?」とか
「どうやったら、貯まるのだろ」とか
「他の方法も試してみよう」と

真の解決に向けて、発想を変えられるのです。

解決しない努力をするを続けているよりは、
ちょっと立ち止まってみて欲しいと思います。


河合さんの言う「解決」と
私の日常における相談者の「解決」とは
まったく別物ですが、
私の仕事にも通じるものを感じました。


この「こころの処方箋」は
どの章をとっても、
河合さんの深い洞察力に
感心してしまうんですよね。
(私が言うのは、おこがましいのですけど)

電車の中で、この本を開いていると
恥ずかしいです。
だって、
「う〜ン、そうなんだぁ」って
声に出してしまうことが多いですから。

文庫にもなっています。
FPの人や、カウンセラーを目指している人。
心の問題に興味がある人には、
お勧めの本ですよ。


PS
家計管理が苦手な人が、
お金を貯めるのために必要なことは、

「貯めるための仕組みづくり」を実行するかどうか、
です。

努力よりも、
本気で、「欲望」の誘惑に負けずに
「仕組み」を守る気があるか。
それだけなんです。

これはこれで、自分自身と向き合うことになるから、
大変なんですけど、
ここを経ないと、いつまでも結果はでません。

「仕組み」作りは、簡単です。
私の考案した「○×式新しい家計簿」には
その「仕組み」ができていますから、
まずは、それを使ってください。
後はそれを使って、訓練すれば、
結果はすぐについてきますよ。

  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:57Comments(0)TrackBack(0)