安田まゆみの気まぐれ日記

2012年12月27日

40代、50代こそ、エンディングノートを!


そろそろ、仕事納めですね。
今年は、休暇が長い方も多いとのこと。ゆっくり過ごしてくださいね。
ブログ画像
年末・年始にご実家に帰る方にお願いがあります。

お父さんやお母さんの健康状態や暮らしぶりを確認して、主治医にご挨拶に行ったり、棚の上などの高いところの整理整頓や電球を取り替えたり、手が足りていないところをサポートしてきてくださいね。

もし、じっくりと話ができるのなら、終末期の希望も聞いておけるとよいですね。
でも、いきなり、終末期の話をすると、ご両親は驚いてしまうでしょうから、話のきっかけに活用するとよいのが、『エンディングノート』です。

エンディングノートには、老後にどのような生活をしたいのか、を考えるための質問がたくさん書いてあります。質問に答えることで、自分の老後がリアルにイメージできるようになっています。

とはいえ、リアルにイメージするのがとても難しい質問もあり、なかなかスムーズに書けるものではありません。

この「書けない」という痛みをあなた自身が体験した上で、ご両親にすすめてみるのがよい、と私は考えています。

ですから、単に「これを書いてみたら」と言いながら、エンディングノートを渡すのではなく、まずは子どもであるあなた自身が書いてみる。そして、「私、こんなものを書いてみたのだけれど、お父さん、お母さんも書いてみない?」などと言って誘ってみることをおすすめします。

ご両親が、エンディングノートを書くことにどうしても抵抗があるようなら、エンディングノートの質問項目を普段の会話の中でさりげなく投げかけ、返事を聞いていくインタビュー形式でもよいかもしれません。


私たちは誰でも、親の介護や終末医療を体験します。
これは、非常に貴重な体験です。
「親には、こうしてほしかった」と思うことがあったら、同じ思いを自分の子どもにはさせないように、何らかの形で、自分の要望を書きたいものです。  

Posted by MAYUMI YASUDA at 23:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年12月12日

ボーナスや年末調整・・・嬉しい臨時収入の使い方ガイド

会社員の方は、12月は年末調整で還付金がありますね。a0002_003051

予定外の収入で喜んでいる方もいるかもしれませんが、還付金は、払い過ぎた税金が戻ってきただけ。特別収入ではありませんから、くれぐれも、大盤振る舞いをしないように。どのように使うか、しっかり考えてください。

還付金と同時に、源泉徴収票を手にすると思います。
これは大事な書類ですので、どこかに提出する必要がある方も、必ず、コピーは手元に残しておきましょう。

源泉徴収票を受け取ったら、以下の2つを確認してくださいね。

1)年間でどのくらいのお給料をもらっているのか
額面額と手取り額の両方を確認してください。

2)自分がどれだけ税金を払っているのか
「たくさん払っているなあ」と感じる人も多いかも!


さて、「還付金を受け取ったけれど、使い道が思い浮かばない方」や、「ボーナスを予想以上に受け取った方」など、お金に余裕のある方(うらやましい〜)は、そのお金を寄付する、というのはいかがでしょうか。

先日、福島に行ってきました。復興が進んでいるといいますが、まだまだ支援の手が行き届いていない印象です。被災地支援のための寄付金を集めている団体はたくさんあります。ぜひ、検討をしてみてください。

寄付については、「寄付金控除」という仕組みがあります。
国や地方公共団体、特定公益増進法人などに対し、寄付をした場合に、所得控除を受けることができる制度です。12月中に寄付をして、来年の確定申告で申請をすれば、節税対策にもなりますよ。
※寄付金控除の対象にならない寄付もあります。寄付をする前に、税制優遇の対象となるかどうかを確認してくださいね。

節税対策になるお金の使い方として、もう1つ「生命保険などの見直し」をあげておきましょう。
生命保険や医療保険などの保険料は、一定金額まで、所得控除の対象になります。
現在の保険料が所得控除の対象額より下回っていて、保険を見直したいと思っている人は、対象額の枠ギリギリまで保険料をアップさせる、というのも一手です。

こちらも、12月中に手続きが終われば、年末調整がすんでいても、来年の確定申告で申請することができますよ。  
Posted by MAYUMI YASUDA at 22:00Comments(0)TrackBack(0)

2012年12月07日

大切な方が 亡くなる前に 知っておきたいトラブル回避術5

喪主になったことがある方はいますか?
(何回もあるよ、という人は少ないと思いますけど)

トラブルなどは、ありませんでしたか?

大切な人を亡くされて、悲しみに中にいるのに
葬儀やお墓、四十九日、相続と
トラブル続きでした。

とおっしゃるご相談者が、結構たくさんいらっしゃいます。

突然のことで、何もわからずに葬儀を済ませたところ、
法外な金額の請求がきた。
夫婦で納骨堂をと考えていたのに、遠い夫の実家のお墓に入れることになってしまった。
家族だけで、ひっそりとした葬儀をしたが、
後から親戚からクレームが来た。

などなど、様々なトラブルが起きます。

みなさん、一様に
「心労が激しかった。もう少し自分に知識があったなら、
こんなに苦労をしなくても・・・。」とおっしゃいます

そこで、今回、
「大切な人が亡くなる前に知っておきたい大切なこと」
こんなタイトルでセミナーをします。

9日(日)14時から
会場は、飯田橋のビジネス教育出版社 会議室です。

終末期にどのようなことが起きるのか?
葬儀でのトラブルは?
お墓や相続の話まで、トラブルを回避するために
どのようなことをしておけばよいのか、というお話をしま〜す

主にFP向けのセミナーですが、
FPでない人も参加することができますよ。

日曜の午後、とくに用事がないなぁ、という人は
是非、ご参加くださいませ。脳の活性化ができます。

75歳以上の親を持つ方も
配偶者がいる方も、ぜひ。

ご参加、お待ちしています。

詳細はこちら

  
Posted by MAYUMI YASUDA at 21:41Comments(0)TrackBack(0)