安田まゆみの気まぐれ日記

2013年02月28日

「争族」のご相談は心が痛くなります

2/28
今日のご相談は、「争族」でした。

お父様の相続にあたり
妹さんが、母親とお姉さんに対して、弁護士を代理人に立てて
分割協議を申し込んできた、というご相談です。

妹さんが家を飛び出し、
家族間でのコミュニケーションが十分に取れなかったことが
誤解や憶測をうんで、事態を大きくしました。

詳細は書けませんが、

「家族なのに、なんでこんなことするの?
 姉妹を同じように愛してきたのに、
 何でこんなことになってしまったのだろう」

という70後半の母親の心労を思うと
胸が痛みます。

このようなとき、
亡くなった人が遺言を書いておいてくれたらなぁ、と
思ってしまいます

.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○.。o○

★Facebookページを開設しました。見に来てくださいませ。
安田まゆみの『元気が出るお金の相談所』Facebookページはこちら


02雛飾り  

Posted by MAYUMI YASUDA at 23:53Comments(0)TrackBack(0)

うつ病で収入が途絶え、キャッシングに手を出してしまった・・・5

2/27 
昨日は、うつ病で1年以上、お仕事ができない状態の方の、ライフプラン相談。

収入が途絶えてしまったので、取り崩し生活をしていたものの、
貯金が底をついて、キャッシングをしてしまった。
そのお金もそろそろ限度額に。
いったいどうしたらよいのだろう、という内容です。

ご自身は長い間、自営でしたので、個人型の確定拠出年金に加入していました。
拠出金が結構あるので、脱退一時金を請求。
戻ったお金でキャッシングを清算。
という道筋を一緒に考えました。
そして、
これを機会に一人暮らしをやめて、実家に戻ることを選択されました。

今年に入って、このようなうつ病で、おつらい状況の方のご相談が3件。
昨年もありましたので、今後も増えていくかもしれません。

ご相談者におすすめしているのが「障害年金」の申請。

病気やけがで、人の助けがいる状態が続いていたり
労働が出来ない場合、初診日から1年半たてば、障害年金を申請することができます。
(初診日以前の1年間、年金保険料の未納が無い場合に限られます)

障害基礎年金の1級は、年額983100円が支給されます。

この制度、あまり知られていません。
せっかく要件を満たしているのに活用されていないのは、もったいない!です。

詳細は、日本年金機構のHPに説明があります。

障害年金に詳しい佐藤啓樹社労士とタッグを組んで、申請のお手伝いをしています。


同時に、長い間通院している人は、薬では改善されないことも多く
その場合には、友人の心理カウンセラー、朝妻秀子さん
カウンセリングを受けることをお勧めしています。
「楽になった」という感想を聞いています。

マネーセラピストとして仕事をしているわけですけれど、
すべて、一人で完結できることばかりではありません。
いろいろな専門家とのネットワークとコラボレーションが大事だと思っています。

うつ病以外でも長い間、病気やけがで働けなくなった方は、
是非、相談においでください。
申請が可能であれば、いつでもお手伝いをしますよ〜
  
Posted by MAYUMI YASUDA at 00:02Comments(0)TrackBack(0)

2013年02月26日

人生のけじめとしての「離婚」5

昨日のご相談は、離婚相談。

70歳を過ぎての女性、H子さんからの離婚の申し立ての
お手伝いをすることになりました。

家庭内別居を20年近くしてきて、
先月、H子さんは家を出ました。
本格的な別居状態に入り、
離婚調停を申し立てて、財産分与を希望しています。

結婚以来、お金は夫が握り、
生活費のみ渡されてきました。

それなりの職業で、年収2000万円を超えることもあったそうですが
家の修理などにはお金を使うこともなく、
必要なものもなかなか買えず、数千円のものを買ったときも
なぜ、俺に相談しないのかと怒るような
ややモラハラ気味の夫だとか。

そんな秘密主義の夫ですから、
取引銀行がなんとなく分かる程度で、
預金残高などは一切わかりません。
財産としてはっきりわかるのは、自宅だけです。

H子さんの望む財産分与を前提とする離婚は、
簡単に合意できないかもしれません。

なかなか前途多難ではありますが、
やるだけのことはやらないと、
今までの人生にけじめがつかないというH子さんを応援すべく、
松崎弁護士も交えて、調停の申請に準備をしました。

遺言も残しておきたいというH子さんですが、
どのように分けるのかは、思案中。
貸金庫もお持ちとのことで、
次回からは、エンディングノートを一緒に作りながら、
お子さんたちへの相続についても考えることになりました。
半年はお付き合いが続きそうです。


PS
おしゃれなH子さんの様な凛とした梅です

02金毘羅さんの紅梅
  
Posted by MAYUMI YASUDA at 20:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年02月25日

「遺言」でなくても分け方の「指針」は残せる5


「もめない相続」の基本は、
遺産の分け方の指針があるかどうかだと思うのです。
その指針は、「遺言」で残すのががベストです。
法的拘束力があるからね。

でも、遺言でなくても「指針」は残せるのです。
手紙でも良いし、エンディングメッセージのノートに書いてもよいのです。

自分の残していく財産をどう分けてほしいのか
なぜ、そのように思うのかを書いておけば、
遺された家族に伝わります。

それが遺言でなくても、遺していく人の気持が伝わるだけで、
結構、もめずに済んだりします。

もめる相続って、無駄に時間がとられますし
調停や裁判など、弁護士費用等も相当かかりますから
経済的な損失は大きいのです。

遺された家族同士が争うことの無いように
どのような形であってもよいので、「指針」を残しましょう。

そんなお話を23日にしてきました。

主催は、青森県三沢市の小坂工務店さん。
こちらの工務店でアパートをたてた大家さん向けのセミナーでした。
写真を見てお分かりのとおり、
やはりご年配の方が多いです。
熱心にメモを取って聞いてくださいました。
終わった後も個別の質問がありましたし、
「遺言を書くための気持ちが固まった」とか
「やっぱり書かなきゃなぁ、と背中を押された」という感想も聞くことが出来ました。

一般の人にとって、「遺言」は、相当にハードルが高いです。
実際に、亡くなっていく人の4%しか書いていないのだとか。(経済産業省のデータ)

「遺言」を書けない人に書け、書け、と言っても前には進めません。
だったら、遺言でなく、手紙という形でも良いし
今はやりのエンディングノートにでも書けばよいのです。
法的拘束力がなくても
「ないよりまし」なんです。

私の携わった相続の案件でも、法的拘束力のない
手紙が残されていただけで、もめずに済みました。
一時は、あまり良くない方向に険悪な雰囲気もありましたが、
その手紙が一つの指針となって、
遺された家族の進む道がはっきりとして、気持ちがまとまりました。

その様な事例がありますので、
親世代の人は、心と体が健康なうちに
「指針」を残しましょう、とお話しました。

皆さんも自分のこととして考えてみてくださいね

02三沢 小坂工務店主催セミナー

PS
三沢は雪がいっぱい積もっていました。
私の行った日も降っていましたが、圧巻は、帰りの猛吹雪。
9時50分発の飛行機が、実際に出発したのが14時30分。
天候不良のせいで見合わせていたこともありましたが、
吹雪が収まった後、滑走路の除雪作業で遅れに遅れたのです。
このようなアクシデントは、講演が無事、終わった後で、ほんとうによかったですぅ。( ´∀`)つ


  
Posted by MAYUMI YASUDA at 02:23Comments(0)TrackBack(0)

2013年02月22日

「講演をした」のではなく「知り合えた」という気持ち5

02香川 大川法人会で

「自分でつくる豊かな老後〜お金とこころと健康の話〜」と、
これから老後を迎える人のタイトルにしたつもりだったのですが・・・。
セミナー参加者は、なんと60歳以下は、参加者150人の10%くらいしかいらっしゃいませんでした〜。
(私の知る限り最高齢は88歳の女性)

シニアの学ぶ意欲はすごい!ですね。

昨日、講演をさせてもらったのは、
香川県の大川法人会。
人生初の「香川=うどん県」です。
法人会の会員さん以外に一般の方も参加されていました。

で、まあ、「老後まっただ中」の人たちに向けて
「今から老後をつくるお話」というわけにもいきませんので、
これからのマネープランというより
生き方に重点を置いて話させていただきました(⌒-⌒)

「自分にとって幸せな生き方をしてください。
 そのためにお金を使うのが一番良い使い方。

 隣の芝生ばかり見ても、幸せにならない。
 皆さんご存知の 『幸せの青い鳥』は、
 自分の家にいましたね。
 みなさん、心の中に、幸せになる種を持っているのです。
 それを育てましょう。

 年金生活は、入ってくるお金は一定ですから、
 取り崩しをしない限り、心豊かになることにお金を使えば、
 どこかの予算を削らなくてはならない。

 でも、それは『我慢』ではない。
 60年以上生きてきた知恵を工夫で、
 『乗り越える』ものではないか」

そして最後には、
 
 「これからの人生は、そう長くはないのだから(爆笑)
 親としての思いを伝えるエンディングメッセージを残すのは、
 親としての責務。
 人生最後の宿題のようなものですぞ〜」
 
なんて言うところまで、お話をさせていただきました(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


終わった後は、いつものように皆さんをお見送りしながら
「何かわかりにくいところはありませんでしたか?」
「お役に立てそうですか〜」
声を掛けさせてもらいました。

そうするといろいろな感想を聞くことができて
今後の参考になるんです。

みんなの前では質問できなくても
そんなふうに声をかけると、出てくる質問もありますしね。

「一人暮らしをしているんだけども・・・」とか
「子どもは息子一人だから、私たちの介護が心配で・・・」とか
いっぱい話してくれます。

私にとっては、とっても楽しい時間なんです。
質問があるということは、話をちゃんと聞いてくれたことの証ですから。
ほんとうに、ありがたいと思います。

「東かがわ市で講演をした」のではなく
「東かがわ」の人たちと知り合えた、そんな気持ちなんです。

私の心が温かいもので満たされたひと時でした。(o^∇^o)  
Posted by MAYUMI YASUDA at 07:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年02月16日

亡き後に「見られたくないもの」5

あなたは、「誰にも見られたくないもの」を
お持ちでしょうか?

今日は、私を遺言執行人に依頼したいという方の
遺言の中身についてのご相談を承りました。

お子さんもいらっしゃらないシングルの方で、
相続人は、ご姉弟。

さほどもめる事案ではなさそうですが、
亡くなった後の生活品の処分についてのご希望があるので、
死後事務委任契約とともに、
遺言執行人が必要だとの判断です。

70歳前半のその女性は、現在1DKで、シンプルな暮らしを
楽しんでいらっしゃいます。
お気に入りの老人ホームに入るために、
いま、順番待ちをしているところです。

ご希望は、自分の死後に、
業者さんだけで遺品整理をしてほしいということです。

ご姉妹のお子さんや配偶者の方に
片づけをしてほしくない、ということなんです。

特に変わった趣味をお持ちでもありませんし、
部屋もとてもきれいにしていらっしゃいますけど
「見られたくない」のです。

それは、具体的に、見られたくない「何か」があるわけではないんです。

タンスの中や、机の中など、
あちらこちらのぞかれて、
「ああ、こんなふうなこと考えていたんだ」とか
「こんなものを大事にとっていたんだ〜」って、
興味本位で、言われたくない。
思われたくないんです。

自分の「死」を悼む気持ちよりも、
自分に対する興味本位で、片づけされるのは、「いやだ!」というわけです。

同時に、生活のほんの一部分を見て、
自分のことを評価されたくないのだと思います。

ずっとシングルでお仕事をされてきたクライアントの
お気持ちが、分かるような気がしました。

その想いにこたえたいと思います。

今日はそのお気持ちをいっぱい語っていただいて
2時間が終わりました。
まだまだ遺言の中身が固まるまでには、時間がかかりそうです。


こんなお仕事もいている安田でした。(*'-'*)


写真は、母が作ったブレスレットです。
母の場合「見られたくないもの」ではなく
自分で作った「捨てられないもの」であふれています(笑)
01母の作品

  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:20Comments(0)TrackBack(0)

2013年02月12日

人のせいにしない人生の選択5

お金の相談の中で、
「夫が反対するので、できないんです。
夫に言ってやってください」などと、言われることが多い。

どうやら妻は、折り合いをつけることよりも
夫をコントロールしたいと考えているのだと思う。

夫のせいで、自分の人生は思うようにいかないのだと、
言う妻もいる。
もちろん、その逆のパターンもある。

誰かのせいにする人生は、自分で責任をとらないので、楽なのだと思う。

自分の親は選べない。生まれた環境も選べない。
それは宿命ともいえるもので、過去は変えられない。

でも、人生は自分で切り開けるンだよね。

それを運命というのであっても、受け取り方、選び方で
選んだ人生は自分のものになっていくのだと思う。

夫(または妻)の悪口を言うのはかまわない。
愚痴を言うのも、構わない。
そういうときもあるよね。わかります。

でも、夫(妻)がいたから、夫(妻)が反対したから
だから、私の人生がくるってしまった、というのは
違うんじゃないかなぁ、と思うのです。

今の人生を選んだのは、あなただ。

そんないやな夫とは別れればよかった。
そういう選択肢もあったのだから。

それを選ばずに、いまだに一緒にいるのは、
それはあなたが選んだ人生なのだ。

それを忘れないでほしいと思う。

人には、それぞれ生きていくうえで、背負っている荷物がちがう。
条件もあると思う。
それを受け入れて、自分の人生を切り開くのだと思う。

それが嫌なら、手放せばよいのだ。

それはお金の使い方にもよく表れている。
人のせいにばかりする人は、お金を貯められない人が多い。
言い訳ばかり、誰かのせいでこうなった〜、って。

自分の人生に責任を持つ姿勢って、お金の使い方と同じなのだと思う。

他人のせいにしないで生きていく人生
そんな人生の選択ができる喜びを感じようと思う。

そんなことをキャンドルをともしながらつらつら考えた2月11日でした。
来月でまる2年だね、あの震災から。

02匂う紅梅


  
Posted by MAYUMI YASUDA at 00:52Comments(0)TrackBack(0)

2013年02月07日

『どんぶり家計でたのしい暮らし術』をお読みいただいていたみなさまへ【お知らせ】

最近、安田からメルマガが届かない、とおっしゃるAさんにお会いしました。
Aさんは、3年前に配信を始め、昨年末に配信を終了した『どんぶり家計でたのしい暮らし術』をお読みいただいていた方でした。

『どんぶり家計でたのしい暮らし術』の中でも何度がご説明をしていたのですが、まだまだ足りていなかったんだなあ、と反省・・・
今も、メールマガジンは、満月と新月の日に、メールマガジンを発行していますが、昨年秋に、リニューアルをしたのです。

新しいメールマガジンのタイトルは、
『元気が出るお金の相談所』公式メールマガジンです。

Aさんには、さっそくご登録をしていただきました。
(Aさん、どうもありがとうございました!)


おそらく、他にも、依然のメルマガをお読みいただいていたのに、新しいメルマガへの登録がお済みでない方がいらっしゃると思うんです。

『元気が出るお金の相談所』の公式メールマガジンの次の配信は、2/10の朝です。
それまでに、ご登録してくだされば、お届けします。

ぜひ、ご登録くださいね。
★ご登録は、こちらからお願いします


★Facebookページへもいらしてくださいね。
安田まゆみの『元気が出るお金の相談所』Facebookページはこちら!  
Posted by MAYUMI YASUDA at 10:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年02月06日

シュフFPがアドバイス!失敗しないポーチ分けの秘訣〜5

02おはよう奥さん


以前からおすすめしている家計のやりくりの方法で
「袋わけ」があります。
最近は、袋もおしゃれになって、「ポーチわけ」なのだとか。

「おはよう奥さん」【学研】3月号に、他の女性FP(ほとんどお友達)とご一緒に
私の袋わけ体験と、一言アドバイスが載っています。(⌒∇⌒)
大したことじゃないんだけどね。

結論としては、
「やりくりの基本は予算をたてて、それを守ること。
袋わけは、その予算を守るための一つの手段。
それがすべてではないのです。
袋わけはわかりやすくて、続けやすいのが、初心者向きなんです」
というようなことを書かせてもらいました。

他のFPの袋わけのアドバイスも参考になりますが、
実際に「貯めている人」の体験談は、素晴らしいです。
重みがありますわぁ。

人それぞれ、やり方は違ってよいのです。

まだ、自分のスタイルが決まらず、手探りでやっている人は、
貯めている人のマネから始めるといいですね。

いろいろ試してみれば、長続きできそうだと思うやり方が見つかると思います。
「なるほどね」って。しっくり来れば、しめたもの。

できるときもあれば、できないときもあります。
でもね、
行けるなぁ、と思ったら、まずは半年続けてみましょう。

体に染みこむ時間って、半年くらいだと思いますよ。
さあ、楽しんで始めましょう。

人生、ここ豊かに ハッピーに!ね。(o^∇^o)ノ


PS
かわいいディズニーのポーチが付録で着いてきたので、
それはやりくりを頑張っている息子の配偶者さんにお渡ししました〜
「きゃ〜、かわいい!」って喜んでもらってくれましたよ。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



----------------
★新月と満月の日にメールマガジンを配信しています。
読者限定の情報もお届けしています。ぜひ、こちらから、ご登録ください。

★Facebookページへもいらしてくださいね。
安田まゆみの『元気が出るお金の相談所』Facebookページはこちら!  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:03Comments(0)TrackBack(0)

2013年02月04日

+WomanTVの司会をやることになりました5

明日から毎週+WomanTVの司会をやることになりました。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

+WomanTV
「女性による(医師、看護師、臨床技師)女性のための病院」応援プロジェクトを
展開している+Woman(プラスウーマン)の
ユーストリーム(生放送です)です。

女性の経営者や、ドクター、各界で活躍されている女性をゲストに招き、
ご紹介していきます。

毎週火曜日の19:00〜20:00に放送します。

MCは私一人ではありません。
FMでパーソナリティやDJを務められた
プロの方もご一緒ですからご心配なく。

明日は、その第2回目
主な内容は、司会者2人(私とプロの林さん)のご紹介と
マネーコーナー(10分ほど)です。

生放送中に応募してくださった方に素敵なプレゼント企画もありますよ〜 ヾ(=^▽^=)ノ

ツイッターのハッシュタグは#pwtv2013です。
本番中のコメントもよろしくお願いいたしますね。

では、明日をお楽しみに〜。


----------------
★新月と満月の日にメールマガジンを配信しています。
読者限定の情報もお届けしています。ぜひ、こちらから、ご登録ください。

★Facebookページへもいらしてくださいね。
安田まゆみの『元気が出るお金の相談所』Facebookページはこちら
  
Posted by MAYUMI YASUDA at 20:48Comments(0)TrackBack(0)