安田まゆみの気まぐれ日記

2013年04月22日

父の終末期の医療を想う5


父のお墓詣りに長野の善光寺さんに、行ってきました。

父は善光寺雲上殿にあるの納骨堂に眠っています。
桜が盛りを迎えていて、それは見事でした。
「お父さんも喜んでいるね」と母。

訪れた日は、気温も上がり、
盛りの桜の下で、スケッチする人あり、お弁当を広げる人ありで、
のんびりとした時間が流れていました。

今回は、母と妹と娘の女4人旅。
お墓詣りの後は、桜ツアーと温泉を楽しみました。


亡くなって3年が経ちましたが、
やはり善光寺の父のところに来ると
終末期のことをいろいろと思いだしますね。

父の終末期はホスピスで緩和ケアをしていただき、
家族で看取りました。
私は初めてでしたので、
看取りとは、そういうものかと今まで思っていましたが、
看護師の妹が終末期の医療にもいろいろな考え方があるのだということを
父の思い出とともに話してくれました。
妹は、今も終末期の医療に携わっています。

3年たった今だから言えることでした。
この話を受け取る私の心を考えてのことでしょう。

母のいないところでの会話になりました。

終末期、父は意識の低下がみられてからは、一切の水の摂取をしませんでした。

私たちからは、水が摂取できないのは、苦しそうで、かわいそうに思えました。
加湿したり、口を湿ったものでうるおしたりと工夫しましたが、
見ていてつらいものがありました。
でも、そういうものかと思っていたんです。

妹は、確かに口からの水の接種は避けたほうが良いとは思うけれども
末期であるとはいえ、過剰でない程度の水分を点滴などでいれてもよかったのではないか。
そのほうが苦しみは、少なかったのではないかと思う、と。

平穏死の本などでも、「脱水は友」。脱水状態になれば
体が省エネモードになって、体に貯蓄されている水分が使われるから、
そのままでも大丈夫なのだと。
緩和ケア病棟でも、そういう方針の病院もありますし、そうでないところもあるんですね。

素人には、難しい話です。

「平穏死 10の条件」の中で
「脱水を黙ってただ見守ることは、現実的には、結構勇気が要ることかもしれません」
とありました。
本当にそうでした。

ホスピスでは
夜は私と妹が交代で泊まり込んで、日中は母がずっと父と一緒にいました。
スタッフも気持ちの良い方ばかりで、
母は、この病院で父を看取ることができたことを喜んでいました。

とてもよくしていただいたと、今でも思っていますので、
妹は考えの違いがあることを母には言えなかったのだと思います。

まあ、言わなくてもよい話ですからね。

でも、私は、いま、エンディングメッセージ普及協会を立ち上げ、
その理事長として、終末期の医療についても勉強したいと思っていることを
知っているので、話してくれたのだと思います。

末期のあり方について、考え方は一つではないのだということを
3年後の今になって教えてくれたのは、
後悔につながらないようにという妹の配慮です。

グリーフケアというには大げさかもしれませんが、
時間が必要なのだ、ということも今回よくわかりました。

終末医療の現場にいて、
毎日、終末期の人を見ている妹から話を聞けて、良かったです。
父の死は、私にたくさんの課題を投げかけてくれました。
今も、です。

お父さん、ありがとう。



お墓詣りの翌日、長野市の南部にある蓮台寺に行き
樹齢約450年の1本桜(しだれ桜)を見てきました。
その高さといい、枝振りといい、花の色といい、見事!でした。
その美しさ気高さが伝わるとよいのですけどね。
04蓮台寺の山門前のしだれ桜その1
  

Posted by MAYUMI YASUDA at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月12日

人生とお金のミニセミナー「自分が大事にしていることは何か」5

「予算を立てる」上で、大事なことは
「自分が大事にしていることは何か」をはっきりさせることです。

予算=お金の使い方=人生のとらえ方

だと思います。

予算を考えることは、人生において、自分が何を大事にしていくのかを
はっきりさせると軸がぶれないので、予算を管理しやすくなります。

ファッション、人付き合い、食、旅すること・・・
何でもいいんです。
いま、この時に考えている「自分の大切なもの」が分かれば
「大切でないもの」がわかります。

「大切でないもの」は優先順位が低いはずで、
「必要なもの」と「欲しいもの」の区別もついてくると思います。

そんなお話を人生とお金のミニセミナーでお話をしました。
セミナーはYouTubeにあげてあります。
10分程度ですので、ご覧ください。

+WomanTVのYouTubeサイト
からでも、直接こちらからでも見ることができます

電車での移動や通勤の際でもご覧いただけるとうれしいです。
見た方は、コメントくださいね〜
  
Posted by MAYUMI YASUDA at 07:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月07日

子どもに教える金銭教育 実は・・・5

6日の日経新聞「子どもに教える金銭教育」を読んで考えてしまいました。( -д-)ノ

子どもの成長に合わせて教える内容が
いつも私が大人の方にお話していることと同じだからなんですよΣヾ( ̄0 ̄;ノ

私が気になった記事には、おおよそ

幼児期には、
「『必要なもの』と『欲しいもの』の違いを知ること」を身につけて

さらに小中学生になったら
「何にお金を使ったか自分で理解」させて、
「使いすぎて買いたいものが買えないといった失敗を経験」させる

などなどが書いてありました。

う〜ん
これって「お金が貯まらない」と言う
多くの大人が身につけていないことですよね( ̄▽ ̄;)!!ガーン

特に
「『必要なもの』と『欲しいもの』の違い」を理解していない人が多い、と感じます。

「あったらいいなぁ」で、カードを持っていれば買えてしまう世の中ですから
よっぽど気を引き締めていないと
「欲しいもの」がいつの間にか
自分にとっての「必要なもの」にすり代わって
自分で買ったものを正当化してしまうのです。

それによって
「自分は無駄なものを買っていない」のに
「何でお金がたまらないんだろう」
ということになるんですよ。

「必要なもの」と「欲しいもの」の違いを理解して買い物をしていない!
自覚がないからね。

「気が付いたら、お金が手元に残っていないんです」
ということになるのです。

ああ、恐ろしい。

そう思いませんか?

小さいころから、欲しいものは
「カードで、欲しいときに買うもの」ではなく
「お金を貯めて買うものだ」と身についていれば、
しっかりとお金の貯められる大人に、きっとなりますね。

なってほしいです(願望)。

この記事、まずは大人にお勧めします(笑)


桜は散ってしまいましたが
春らしい景色でしたので、パチリ
13.04多摩川 玉堤近辺
PS
昨年の日記を見たら、1年前の昨日、娘とお花見していました。
季節が早く訪れてくるようになってきましたね。温暖化?のせいかしら。
  
Posted by MAYUMI YASUDA at 07:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月06日

理想の“最期”、理想の“看取り”5

私の望む「理想の」“最期”とは
自宅で、孫たちが騒いでいたり
台所で食器洗いしていて
みんなで笑い声がする中で、
夫が歌う沖縄の民謡を聞きながら
「私にしては上出来な人生だった。ありがとう。楽しかったなぁ」と言って息を引き取ることですね。

息を引き取るときに
家族が気が付かなくってもいいんです。
囲まれたりすると恥ずかしいですからね。

いよいよあぶないぞ、とみんなが集まっては来てくれたけど
お夕飯どうする?なんて台所でお茶なんか入れている間に、逝ってしまいたいな。
で、気が付いたら
「あれ?もう死んじゃったの」
「せっかくみんな集まったのに〜」とか言われるくらいの方が
ちょうどいいかも。

私よりも夫が先ならば
そんなふうな”看取り”をしたいですね。

病院ではなく、自宅で最期を迎えるなんて、
これからは「贅沢」なことになるのでしょう。

家族に迷惑がかかるから、病院でいいや、自宅なんて言えないよ。遠慮しておく。

できればそうしたいと思っている人は統計的にも多いのですが、
言い出せない。
家族のことを考えて、そう考えるのもいいと思います。

でもね、自分の最期の希望くらいは伝えておきたいじゃないですか。
「無理じゃない程度に頼むね〜」くらいは。

最期の時期は、西行法師にならって
「願わくば 花の下にて 我死なん その望月の如月のころ」ですかね
(正しくは「春死なん」ですけど)

桜の季節になるとこの歌が思い出されるんですよ。

2年前の2月23日に亡くなった父も
花見がしたいなぁ。と死の直前までいっていましたからね。
春が良いです。


私が理事長を務めるエンディングメッセージ協会で、
いまみんなで議論しながら作っているメッセージノートに、
そんな自分の最期の希望を書く予定です。

皆さんも元気なうちに、自分の”最期”“看取り”とかについて考えてみましょう。
決めると心が穏やかになりますよ。

あなたはどんなふうに人生の幕を閉じたいですか?



04心躍る桜の季節

  
Posted by MAYUMI YASUDA at 07:30Comments(0)TrackBack(0)

2013年04月02日

定年後に、幸せに働く秘訣5

03私はやった本

「生涯学び、臨終で卒業」
なんて素敵な言葉なのでしょうか。(o^∇^o)ノ

生涯現役を目指す私にとってはまさに、、その通り!

株式会社「高齢社」(字は間違っていません)の
上田研二会長の
「私はやった、あなたもできる!」(WAVE出版)に出てくる言葉です。

「高齢社」は高齢者の人材派遣の会社です。
多くの定年退職者に出会い、企業と結びつけることで
派遣先から評価され、また、
働く当の本人たちからも「生きがい」を感じてもらえる
そんなお仕事を日々されている方の本なのです。
若い人にもお勧めします。
読めば、元気になりますよ


働いたお金は、自分のお小遣いになるので、
気前よく使える=経済の循環に寄与している。

高齢者が働き続けると、若い人たちの職を失うことになるのではないかというのは間違いである。

失業率は高いが、仕事のなり手が無くて困っている職場もある。
高齢者が若者がやりたがらない仕事をやることで、
社会に恩返しができるのではないか。
今後10年間で労働人口は500〜800万人減る。
若者だけでは、労働力は不足するのだ。

「無理をせずに仕事をしながら、その合間に遊ぶ」のが一番。

働くことで元気になり
適度な緊張感と責任感が、健康な体を形づくり
健康寿命を延ばしてくれるはず。

それには、雇用されるだけではなく、
小規模な会社を起業して、小さな仕事を請け負ってもいいし、
犬の散歩代行、出張美容、オーダーメイドの介護やリハビリなど
自分のやりたいことを相手の望む形で仕事にしていけばよいのではないか。

事業の拡大を目指すのではく、自分サイズで行えば
起業リスクは少ないはず。

などなど
定年後に、幸せに働く秘訣がいっぱい書いてある本です

実際に定年後に働いている実例がありますが、
中でも2つの事例が心に残りました。

現在80歳を過ぎても働いている橋本さんの事例。
  再雇用の後65歳まで働き、それ以降は
  千葉の御宿に終の棲家をたてて、ゴルフや囲碁など仲間と遊んだりのんびり暮らしていたのですが、
  このままではぼけてしまうのではないかと不安になり、終の棲家を売却。市内に戻ります。
  そして、刺激を求めて、生活習慣を改善して、74歳から以前の仕事のつながりで働き始め、
  80歳を過ぎた今も、週に1回、働いています。

定年後に終の棲家を買って、そのまま暮らしている人も多い中、
刺激を求めて、終の棲家を売却して、市内に戻ってくるという
決断をした橋本さんはすごいと思ったのです。


現在76歳の熊野さんの事例
  商社マンとして働き、55歳で出向。63歳まで働きます。その後、関連会社でさらに66歳まで働き
  それ以降、70歳ちかく週1日働いていました。
  それ以外の日は、最初は勉強しようと図書館通いをしていましたが、張りが無く足を向けなくなり
  家でテレビを見ている毎日に。そして10キロも体重が増えてしまったのです。
  知人から
  「うちで働いたら、すぐに痩せる」  との言葉につられて介護の現場に。
  70歳前にはヘルパー2級と在宅介護の資格を取り
  介護施設で水曜から日曜日までの週5日間、働くことになりました。  片道2時間をかけて。
  76歳の今も80代利用者に「おじい」と呼ばれながら、
  食事、入浴、トイレの介助、施設内の清掃などをこなします。

元商社マンであったことが、人とコミュニュケーションをとるうえでも役に立っているという
前向きな姿勢が素晴らしいと思いました。

著者の上田さんは
「介護という分野では新人であっても、
積み重ねた経験でそれを補うことが可能である。
(略)
セカンドライフが充実するかは、自分次第です」と書いています。


縁でゅんノートの書き方など、シニアに向けたセミナーを多く行っている私にとっては、
定年後に働くことは未知の世界ですが
相談者から学ぶことも多いですし、
このような本からも学ぶことは多いです。

高齢者を年寄り扱いせずに
柔軟な気持ちで、人生の先輩としてみていこうと思いました。
  
Posted by MAYUMI YASUDA at 07:00Comments(0)TrackBack(0)