安田まゆみの気まぐれ日記

2008年09月28日

笑えるけれど切ない「幽霊人命救助隊」5

c6cc53cd.jpgとても面白く、ちょっと切ない本を読んでしまいました。

高野和明さんの「幽霊人命救助隊」です。

話は自殺した青年が、神様の命令で、
偶然出会ったほかの3人とともに、
自殺志願者100人の命を救うという話。

ありえない話ですけど、よくできているんです。

幽霊が、自殺願望者を救うって、
くら〜い話のように感じるかもしれませんが、
主人公を含めた4人のキャラがよく描かれていて、
楽しめます。


さまざまな自殺願望者のケースが書かれていて、
社会現象を良く捉えている。
ノンフィクションの部分も感じられます。

自殺願望者を救助しているうちに
主人公たち自身の「自殺」には
どんな意味があったんだろうと、自問自答していくあたりが
よかったなぁ。
結局は、「自殺なんかしなくても良かったのに」と
気づかされる。

周りを見る余裕がなくなっているから、
周りとコミニュケーション取れていないから、
もう自殺しかないと、勝手に思い込んで、
死んでしまった自分たちを振り返り、
そうして、自分たちと同じようなことはさせてはならないと
必死で、自殺願望者を救う主人公たち。

残された人たちから見たら、
自殺した人たちは「身勝手」だよね。

残されたあとの人のことは
あまり考えていないように思えてならないです。

ち、いうのも、この本を読んだ直後に
友人のお嬢さんが「自殺」しました。

お通夜に行きましたが、友人は自分を責めるばかりです。
わけがわからない、
きれいな死に顔を見て、「きれいでしょ」という。
「眠れる森の美女は、目覚めるんだよ。
きっと、目覚めて、話ができるよね」

そういわれてもかける言葉が出ない。

どんな理由があるにせよ、
これほど親を悲しませて良いはずがない。
遺影に向かって、手を合わせながら、
お嬢さんを叱っていました。

私にとっても、
死ぬよりも生きて行くことがつらいことが
この先、あるかもしれない。


その選択を迫られたときに、
生きていく勇気を持ちたいと強く思ったのです。

この本は一読の価値のある小説です。
文庫本になっているので、
オススメします。




Posted by MAYUMI YASUDA at 01:25│Comments(1)TrackBack(1)おすすめ本 | 安田の気持ち

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/yasudamayumi3/51535274
この記事へのトラックバック
夕方までは死なないでください。僕たちが必ず助けてあげます。 大学受験に失敗して首吊り自殺し幽霊となった裕一は、同じ立場の三人と共に、...
幽霊人命救助隊 高野和明【粋な提案】at 2010年10月13日 13:45
この記事へのコメント
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
Posted by 藍色 at 2010年10月13日 13:49
コメント大歓迎です。おまちしています。
※必須
※表示されます