安田まゆみの気まぐれ日記

2013年03月27日

相続を考えることは「明日を生きること」につながる5

「死と向き合うこと」は「明日を生きること」につながり
「どう生きていくか」を考えることでもあるのです。
「相続」が「争族」にならずに
 みんながハッピーな「爽族」になるように、
 ご自身の死後のことまで、目配りをすることが
「親の最後の務め」ではないか。

23日(土)につくばで
「相続でもめないためのエンディングノート活用術」を
お話させていただきました。
冒頭の様なお話をしたところ、参加者の方から

「相続を『明日を生きる』という視点で
 考えたことが無かった。
 話を聞いて、考えを改めたよ」

と、お声をかけていただきました。

ありがたい感想でした。
まだまだ、お役に立てることがいっぱいあるなぁ、と
力が湧いてきました。


この時のセミナーで主催者からいただいたお土産です。
息子曰く「豚に真珠だな!」ですって。
確かに使いこなせるのはいつのことだろうか・・・
03電子書籍タブレット

  

Posted by MAYUMI YASUDA at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年03月23日

3年前の連載の読者が弓削島に!5

03弓削 上島商工会議所の講演


21日は、ご縁をいただいて、瀬戸内に浮かぶ弓削島(愛媛県)で
講演をさせていただきました。

なんと!参加者の中に、以前、マム倶楽部で連載していた時の
「読者」だという人が声をかけてくださいました(ビックリ!)Σ('◇'*)エェッ!?

連載は3年前に終了したのですが、
「楽しく読ませていただきました、とひとこと言いたくて、今日は参加しました」と!
うれしいですねぇ。
連載(毎週)していて良かったなぁ。
覚えていてくださったことも本当に感謝!です。.。゚+.(・∀・)゚+.゚

こんなこともあるんですね。

ブログやフェイスブックなどネットに書くということは
誰に読まれているか、わからない怖さもありますが
書き手の気持ちが届いているときには
こんなにもうれしい出会いがあるんだなぁ、と思いました。

片道7時間かけて来た甲斐がありました。

講演は19時半から。
演題「自分でつくる 豊かなセカンドライフ」には
20代から70代の人まで集まってくださいました。

終了した21時には、外は真っ暗。
街灯があまりありませんから、本当に真っ暗なんです。

宿泊先まで送ってもらう途中も人や車には出会いませんでした。
(たぬきが道を横断していました!けど)
10時には遅くてもお店は締まってしまうので、
住民の皆さんは出歩かないのだとか。
なるほどね。

真っ暗なおかげで、露天風呂からたくさんの星を眺めることが出来ました。
波の音と満天の星!
そんなご褒美をいただいた弓削島でのお仕事でした。v( ̄∇ ̄)v

上島商工会弓削支社のみなさま
ありがとうございました。


宿泊先のフェスパはオーシャンビューで、プチリゾート気分を味わえましたよ
03弓削の宿泊先
  
Posted by MAYUMI YASUDA at 07:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年03月19日

FM西東京市(生)にゲストで出演させていただきま〜す5

20日(水)春分の日に西東京市デビューです。

FM西東京の12時からの「〇〇ランチボックス」(まるまるランチボックスと読みます)内の
「まちとも」のゲストとしてお邪魔しま〜す。

タイムテーブルはこちら

もうゲストの紹介に私の名前が載ってま〜す



番組パーソナリティの亀井小百合さんと
「元気が出るお金の相談所」について
楽しくおしゃべりしてきますね。

私の登場時間は12時20分頃から30分くらいだそうです。

ランチタイムに周波数を合わせてみてくださいませ。
PCでもきけます。こちらの「放送を聞く」をクリックしてね。

ユーストリーム配信でスタジオの生中継もあるかもしれないんですって。
ちょっとおめかししていくことにします。へへへ
  
Posted by MAYUMI YASUDA at 08:00Comments(0)TrackBack(0)

2013年02月16日

亡き後に「見られたくないもの」5

あなたは、「誰にも見られたくないもの」を
お持ちでしょうか?

今日は、私を遺言執行人に依頼したいという方の
遺言の中身についてのご相談を承りました。

お子さんもいらっしゃらないシングルの方で、
相続人は、ご姉弟。

さほどもめる事案ではなさそうですが、
亡くなった後の生活品の処分についてのご希望があるので、
死後事務委任契約とともに、
遺言執行人が必要だとの判断です。

70歳前半のその女性は、現在1DKで、シンプルな暮らしを
楽しんでいらっしゃいます。
お気に入りの老人ホームに入るために、
いま、順番待ちをしているところです。

ご希望は、自分の死後に、
業者さんだけで遺品整理をしてほしいということです。

ご姉妹のお子さんや配偶者の方に
片づけをしてほしくない、ということなんです。

特に変わった趣味をお持ちでもありませんし、
部屋もとてもきれいにしていらっしゃいますけど
「見られたくない」のです。

それは、具体的に、見られたくない「何か」があるわけではないんです。

タンスの中や、机の中など、
あちらこちらのぞかれて、
「ああ、こんなふうなこと考えていたんだ」とか
「こんなものを大事にとっていたんだ〜」って、
興味本位で、言われたくない。
思われたくないんです。

自分の「死」を悼む気持ちよりも、
自分に対する興味本位で、片づけされるのは、「いやだ!」というわけです。

同時に、生活のほんの一部分を見て、
自分のことを評価されたくないのだと思います。

ずっとシングルでお仕事をされてきたクライアントの
お気持ちが、分かるような気がしました。

その想いにこたえたいと思います。

今日はそのお気持ちをいっぱい語っていただいて
2時間が終わりました。
まだまだ遺言の中身が固まるまでには、時間がかかりそうです。


こんなお仕事もいている安田でした。(*'-'*)


写真は、母が作ったブレスレットです。
母の場合「見られたくないもの」ではなく
自分で作った「捨てられないもの」であふれています(笑)
01母の作品

  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:20Comments(0)TrackBack(0)

2013年02月06日

シュフFPがアドバイス!失敗しないポーチ分けの秘訣〜5

02おはよう奥さん


以前からおすすめしている家計のやりくりの方法で
「袋わけ」があります。
最近は、袋もおしゃれになって、「ポーチわけ」なのだとか。

「おはよう奥さん」【学研】3月号に、他の女性FP(ほとんどお友達)とご一緒に
私の袋わけ体験と、一言アドバイスが載っています。(⌒∇⌒)
大したことじゃないんだけどね。

結論としては、
「やりくりの基本は予算をたてて、それを守ること。
袋わけは、その予算を守るための一つの手段。
それがすべてではないのです。
袋わけはわかりやすくて、続けやすいのが、初心者向きなんです」
というようなことを書かせてもらいました。

他のFPの袋わけのアドバイスも参考になりますが、
実際に「貯めている人」の体験談は、素晴らしいです。
重みがありますわぁ。

人それぞれ、やり方は違ってよいのです。

まだ、自分のスタイルが決まらず、手探りでやっている人は、
貯めている人のマネから始めるといいですね。

いろいろ試してみれば、長続きできそうだと思うやり方が見つかると思います。
「なるほどね」って。しっくり来れば、しめたもの。

できるときもあれば、できないときもあります。
でもね、
行けるなぁ、と思ったら、まずは半年続けてみましょう。

体に染みこむ時間って、半年くらいだと思いますよ。
さあ、楽しんで始めましょう。

人生、ここ豊かに ハッピーに!ね。(o^∇^o)ノ


PS
かわいいディズニーのポーチが付録で着いてきたので、
それはやりくりを頑張っている息子の配偶者さんにお渡ししました〜
「きゃ〜、かわいい!」って喜んでもらってくれましたよ。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ



----------------
★新月と満月の日にメールマガジンを配信しています。
読者限定の情報もお届けしています。ぜひ、こちらから、ご登録ください。

★Facebookページへもいらしてくださいね。
安田まゆみの『元気が出るお金の相談所』Facebookページはこちら!  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:03Comments(0)TrackBack(0)

2013年02月04日

+WomanTVの司会をやることになりました5

明日から毎週+WomanTVの司会をやることになりました。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

+WomanTV
「女性による(医師、看護師、臨床技師)女性のための病院」応援プロジェクトを
展開している+Woman(プラスウーマン)の
ユーストリーム(生放送です)です。

女性の経営者や、ドクター、各界で活躍されている女性をゲストに招き、
ご紹介していきます。

毎週火曜日の19:00〜20:00に放送します。

MCは私一人ではありません。
FMでパーソナリティやDJを務められた
プロの方もご一緒ですからご心配なく。

明日は、その第2回目
主な内容は、司会者2人(私とプロの林さん)のご紹介と
マネーコーナー(10分ほど)です。

生放送中に応募してくださった方に素敵なプレゼント企画もありますよ〜 ヾ(=^▽^=)ノ

ツイッターのハッシュタグは#pwtv2013です。
本番中のコメントもよろしくお願いいたしますね。

では、明日をお楽しみに〜。


----------------
★新月と満月の日にメールマガジンを配信しています。
読者限定の情報もお届けしています。ぜひ、こちらから、ご登録ください。

★Facebookページへもいらしてくださいね。
安田まゆみの『元気が出るお金の相談所』Facebookページはこちら
  
Posted by MAYUMI YASUDA at 20:48Comments(0)TrackBack(0)

2013年01月18日

FM浦和 REDSWAVEに出演しますよ〜5

01レッズウエーヴでの収録その2


FM浦和レッズウェーブの
「シュクル・なう」という、大人女子応援番組に
ゲストとして出演します。

16日に収録してまいりましたぁ(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

浦和のワシントンホテルの1階にあるサテライトスタジオです。
ガラス張りになっていて、
外を普通に人が通っていきま〜す。
そんな中で、お話してきました。
っていっても、外はあまり見ている暇はありません。
ちゃんと集中していましたからね。

パーソナリティの佐藤恵さんは、もちろん素敵な大人女子!

素敵なお声で、軽妙な語り口。
聞きほれてしまいます。

お話した内容は・・・

来年からの消費税2段階増税に対して
今年は、お金を貯められる体質になるための
「ストレッチ・イヤ〜」として位置づけましょう。

お金が貯まる体質になるには、
達成可能な目標を見つけて、達成感を味わい、
お金を貯めることの喜びを感じましょう。

それには、まず、先取り貯金と予算立てですが、
ここで注意をしたいのは、・・・・。

と、具体的な行動も含めて、
あれこれ15分くらいお話しさせていただきました。

キーワードは、「魂が喜ぶようなお金の使い方をしよう」です。

自分自身のプライオリティをはっきりさせて、
使い方に目を向けて暮らすことです。

私の
「月5万円 ムリなく貯める シンプルな生き方」の
プレゼント企画もあります

放送日は、20日11時からで〜す。
お楽しみに。

FM浦和は、ネット経由で全国どこからでも聞けます。
こちらのホームページから「サイマルラジオ」を
ダウンロードして下さいませ。


  
Posted by MAYUMI YASUDA at 01:04Comments(0)TrackBack(0)

2012年09月21日

親の愛情

こんばんは〜

東京の夜は、だいぶ涼しくなりました。
虫の音を聞きながら、書いています。

今日のご相談は、相続。
今年2月、お母様を亡くされた方です。

分割協議書を提出して、相続登記を済ませたら、
税務署から「お尋ね」が来て、同封の書類に回答せよ、と言っているのだが、
どうしたらよいのか、という相談でした。

土地の評価について税務署が要求している書類に記入するのは
素人では難しすぎますね。

結局のところ、税理士さんにお願いをしなくてはなりません。

税務署は、税理士に仕事を出すためにこの書類を作ったの?
そういうつながり?
と、突っ込みたくなるような次第です。

まあ、何とか完成させられました。

特段、やましいこともありませんし、
相続税もかからないご家庭ですから、問題はありません。

最終的には、
税務署に行って、お尋ねの下書きを見てもらって
確認してもらうことで、今日の話は終わりました。

いろいろな相談が来ますよ。


何か心配ごとのある人は
気軽に相談に来てくださいね。

そうそう、今週の土日は福島に、
全国女性相談研究会のメンバーとともに、仮設住宅に行ってきま〜す

ご支援、よろしくお願いいたします。
カンパ大歓迎です!  
Posted by MAYUMI YASUDA at 01:31Comments(0)TrackBack(0)

2012年09月17日

立ちっぱなし、6時間の研修講師5

ふぅ、蒸し暑いですね。

昨日は、FP向けの研修で計6時間、講師を務めました。オオーw(*゚o゚*)w

午前3時間、午後3時間。ほとんど立ちっぱなし。

良く働きましたぁ。(o^∇^o)

ワークはいっぱいいれましたけど、最後は少々のど枯れ〜。

連休の中日だというのに、お集まりいただいたみなさん
ありがとうございました。

午前中の研修は「老後の財産管理とエンディングノートの使い方」

FP研修ではあるものの、自分自身にも役に立つと思ってきたのだと思います。
いつもの研修より、若干、平均年齢が高かったです(笑)


財産管理でについて不安があるのは、

「自分が“認知症”なってしたっまらどうなるのか」
「家族がいない場合には、だれが保険金請求をしてくれるのか」

など心配だからです。

事前にできるだけ手を打っておくことで、対処できることも多いのですが、
まだ、自分には早いと思っている人がいっぱいいるんですよ。

想像力があれば、自分の老後がどうなるか、予測はつきます。

配偶者や子どもがいる場合でも、最後は一人になるかもしれません。
いくつかのパターンで考えておくと、安心ですね。

でも、財産管理を人にゆだねる時が来た時のことは想像したくない、
という気持ちになるのかもしれません。
後回しにすると、後悔するのではないかしらね。

最期まで自分らしく生きるためにも、今から手をうちましょうよ。

自分の終末期に向かう老後を想像させるのには、
エンディングメッセージノートが役に立ちます。

自分の終末期と向き合ったり、人生を振り返ったり
財産の分け方を考えたりしますからね。

結構、ヘビーな作業です。
高齢者になると頭が回らない、と言って、投げ出してしまう人もいます。
めんどくさくなったやんでしょうね。(´∀`*)

実際に一般向けのセミナーでは、
ワークとしてエンディングメッセージを書いてもらう時間を取ってますが、
「結構シビアですよね、悩んじゃって、書き進めない」と
感想を漏らす50代の男性もいるほどです。

知っているだけじゃなくて、早めに実行に移すことが大事なのよ。

老後に必要なのは、お金だけじゃありません。
健康、知恵、そしていざという時に助けてくれる人的ネットワークなんです。

そんなことまでお話ししました。


午後の研修は男女の脳の違いによるコミュニケーションの取り方のお話。

参加者の人にお聞きすると職場のコミュニケーションで困っている人は多かったです。

ある女性は帰り際に
「自分がなぜ、上司からあのような態度を取られるのかが、
 わかりました。
 明日から、今日学んだことを生かして、コミュニケーションをとってみます」と
ニコニコしてお帰りになりました。

ほかにも、帰り際に何人かに
「また、安田さんのセミナー 聞きに来ます」
「義理の姉を連れて、相談に行ってもよいですか?」
など、お声をかけてもらって嬉しかったです。(* ̄∇ ̄*)エヘヘ


下の写真は、8日の不動産経営セミナー(主催:ANNEX NEO)の一コマです
いつもそうですが、書きながらしゃべるので、字が・・・・
参加者の皆さん、ごめんなさいね。

08アネックスネオさんのセミナーで

  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:15Comments(0)TrackBack(0)

2012年02月08日

430人の前でプレゼンテーションしてきました〜♪5

SH3L0237


みなさま

今日は満月です。
そう、メルマガの発行日。
まだの人は、ぜひ、購読してね。


さて、今日は朝活のお話です。
朝からテンション高い日だったんですよ〜。(o^∇^o)

私が所属しているBNIというビジネス朝食会の
「オール スター ミーティング」がありまして、
そこに参加してきました。

各チャプター(所属している支部のようなもの)からの代表が
自分のお仕事を40秒でプレゼンして、その内容を競う、
というのが目的です。

全国各地から49人の代表が集まり、
審査する人やら、応援団、見学者など総勢430人の人の前で、
プレゼンを競う訳ですけど、
朝から、とにかくテンション高い!人が多くて、(=^▽^=)
大人な私には(年寄りか!)ちょっと気後れする場面もありました。
まあ、慣れていない人はビックりだね。

集合が6時半、ミーティングは7時からなんですけど、
ハイテンションじゃないと血糖値が上がらないから
仕方ないかもしれませんけどね。

私もチャプターの代表(とはいえ、持ち回りのようなもので)として
参加。
430人の前で、「40秒プレゼン」をちょっとした小道具を持って
披露していきました。

もちろん!選外〜でしたけど。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
他の人のプレゼンを楽しませてもらいました。

40秒で自分の仕事を伝えるのは、結構大変で、
原稿を書いて、読んで、ストップウォッチで計って、と
何度も繰り返して、削りに削りました。

この作業はとても楽しく、
自分の仕事を見つめる上でもためになりました。

知りたいですか?(゚∀゚)アヒャヒャ

そうでもないですかな。
まあ、概略を伝えるとこんな感じです


・‥…━━━☆・‥…━━━☆

1000件以上の家計を「貯蓄体質」に変えてきた
「貯蓄体質改善請負人」マネーセラピストの安田です。


出産適齢期の夫婦の3割が、経済的な不安などの理由で、
子どもを持つことをためらっています。

「子どもが欲しいのに、お金がないから産めない」
そんな悲しいことを言わせたくないですね。

最近結婚した30代のご夫婦を見たら、
月5万円 無理なく貯まる「貯蓄体質改善請負人」の私を紹介してください。

「貯まらない習慣」を「貯まる習慣」へと変えていきます。
働く女性の応援団。マネーセラピストの安田でした

・‥…━━━☆・‥…━━━☆

へへへ、こんな、です。

クライアントの依頼があれば、
たいていのことはお引き受けしているので、
自分の仕事を伝えるのって、絞り込めずに難しかったのです。

でも、今回、代表を引き受けて
イヤでも考えざるを得ない状況に追い込まれて
しっかり考えました。

私が今年、力を入れてやっていきたい仕事の一つの柱の
家計改善に絞ってのプレゼンにしてみました。


これを読んだあなた、

ぜひ、結婚したご夫婦に

「月5万円、無理なく貯めるアドバイスができる
貯蓄改善請負人を紹介するよ」と私を紹介してくださいね。

ここをクリック!

http://www.my-fp.net/index.html


今日はお仕事の宣伝になっちゃいましたね。

  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:20Comments(0)TrackBack(0)