安田まゆみの気まぐれ日記

2006年12月20日

デートと日本の未来?

48d11aec.JPG昨日はホント〜に久しぶりに
夫と映画を見に行きました。

「硫黄島からの手紙」です。
冷静な映画、
戦闘シーンは迫力ありましたが静かな映画。
そういう印象を持ちました。

二宮和也君が演じる若い兵隊が
凶気に取り込まれることなく、
さめた目線でいる事を
中心にすえていたからなのかもしれませんね。

もちろん素晴らしかったです。
戦争のむなしさ、
追い詰められた人間の恐ろしさ、凶気といったものが
十分伝わってきました。

ただ、どうしてこういうスケールの大きい、
迫力ある映画を日本で作れないのかね、
日本人が伝えるべきことなのに残念だね、と二人で
話しました。

日本の戦争ものにありがちな、
べっとりとした男同士の友情みたいなものも無くて
やっぱ、外人の監督さんでよかったかも。
私としては。

隣の席に高校生が数人いましたが、
観客は中高年が多く、
もっと若い人に見てもらいたいなぁ、とも
思いました。


帰ってきて、先日見逃したNHKスペシャル「ワーキングプア」の
再放送を見ました。

日本という国を守るためにたくさんの人が
硫黄島やその他の地で戦ってくれたというのに、
その60年後の日本は・・・・。
見ていて、とても悲しくなってしまいました。

悪政です。
一生懸命働いている人が豊かに暮らしていけないなんて、
悪政以外の何ものでもないです。

生活保護保護以下の世帯が400万世帯以上もあるという現実。

私がしなければならないことは何か。

「硫黄島からの手紙」と「ワーキングプア」
から突きつけられたような気がしました。




  

Posted by MAYUMI YASUDA at 02:55Comments(4)TrackBack(0)