安田まゆみの気まぐれ日記

2008年01月07日

家計を改善するには「勇気」が必要です5

お金を貯めることが苦手な人が
お金を貯める家計に改善するって、
凄く「勇気」のいることなんですよ。

マネー雑誌がたくさん出ていて、
こうすると100万円たまりますよ、ってな特集を
やっていますよね。

とても人気がある特集なんです。
でも、実行に移す人は少ないのが現実。

お金を貯める人って、目標に向かって
ストイックに貯めている人が多いんです。
そういうことができない人は、
それを見ると、「私はムリだぁ」って思う。
で、また、特集を組むと買うんです。
「もっと楽に貯まる方法があったらいいなぁ」ってね。
でも、また、うまくいかない。この繰り返し。


でもね。
お金を上手に貯めている人って、
本当は生活にもメリハリをつけている人が多い。
楽しむべきときには大いに楽しみ、
必要のないものにはお金を使わない、買わない。

目標を明確に持っているから、
優先順位がはっきりしている。


うまくお金が貯まらないなぁ、っていう人は、
明確な目標が必要です。
そのために、お金の使い方に優先順位をつけるぞ!という
決断も必要です。

今までの「なんとな〜くお金を使っている自分」の
「価値観」「生活習慣」を
変えなければならないかもしれないんです。
一大決心をしなければなりません。

今までの自分と決別しなければならないわけですから
そりゃあ、もう、大変な勇気と根性が必要になりますよ。


お金の貯まる仕組みは実はシンプルで簡単なんです。

「簡単」であることと、「ラクちん」であることは
ちょっと違うんです。
簡単な仕組みを使いこなす「努力」は必要なんです。


お金がうまく貯まらない家計をやりくりしていた人は、
いままでだって、決してサボっていたわけではない、と思います。
その努力はちょっと違う方向にずれていたかもしれませんね。

今のままでも、誰も文句は言わないと思います。
夫も子どもも。
お母さんが一生懸命にやっているのですから。

でも、貯まる体質に変えるのを後回しにていると、
いつか、大きな差となって
後悔するときがくるかもしれません。


今年は「幸せにお金を貯める」ために、
「私にはムリ!」なんて言わないで、
今までの自分を変えるという勇気を
もってみませんか。

私は今年、勇気を持った人を応援していきますよ。
自分を変えるということや勇気の出し方についての
ミニセミナーやアドバイスを
積極的にしていきたいと思っています。

なぜなら、今年は家計の状況がいっそう厳しい環境に
なるだろうと予測されるからです。

一人じゃ大変だろうけど、
私が応援しています。
道を見失わないで、いっしょに前に進みましょう。



  

Posted by MAYUMI YASUDA at 03:32Comments(0)TrackBack(0)

2007年09月25日

年金の加入記録を確認しましょう

もう、プンスカです。(*`Д')

年金の社会保険庁職員と市町村職員による横領が

4億1300万円なんです。!!!

まあ、この調査だって社会保険庁のものですから、
まだまだ隠されている事案もあると思います。

本当の数字ではないと思うのですけどね。
それでもプンスカです。(`ε´)ムカー

一応、現役加入者(年金を払っている人)には
「ねんきん定期便」として社会保険庁から
お知らせがくることになっていますが、
私はその通知を待たずに自分で加入履歴を調べることを
お勧めします。

特に、転職をした人、お勤めをやめて独立した人、
会社を興した人。
記録がつながっているか、是非調べましょうね。

知人の社労士さんに聞いたところ、
会社が合併したというだけで、
本人の以前からある記録につながっていない例があったとか。

転職扱いになって、
しかも住所が移転という届けになっていたとか。

本人の記録でないため、
合併以降は「宙に浮いた年金」になっていたのだそうです。

これは会社のミスですけど、
何が起きているかわかりません。
ご自身で確かめることをお勧めしますよ。

社会保険庁のホームページから
「インターネットの年金加入記録の確認」でパスワードとIDの取得を
申し込みます。

IDやパスワードが送られてくるのは2週間ほどがかかりますが、
詳細なデータをみることができます。
厚生年金の勤め先や報酬月額、
また、国民年金であれば月単位での納付状況がわかります。

なにより、一度IDやパスワードを入手すると、
いつでも自分の記録を見ることができます。
契約社員や転職を繰り返した方は是非とも
アクセスして確認しましょうね。

お国を信じられないのは国民として悲しいけど、
自己防衛だけは怠りなくしたいものです。

  
Posted by MAYUMI YASUDA at 09:10Comments(0)TrackBack(0)

2007年06月07日

愛されたい人へ5

先日、いつものように洗濯物を干しながら
ラジオを聴いていると
ステキなお話が耳に入ってきました。


「愛されたい」「愛されたい」といつも言っている人へ。

自分が自分のことを愛していなければ、
誰がその人を愛してくれるだろうか。

自分を愛する=自分の体や肌を大切に、愛しているだろうか。


自分の体は神様からの借り物。
いつかは返さなければならないのだから、
きれいに使わなければね。


見えない場所のお手入れこそ、「ひと手間」かける。
そういう「ひと手間」かけた人に、
手間をかけたことがわかる
見る目を持った男性があらわれるのですよ。


ね、ステキでしょ。
お話していた人は誰だかわからなかったけれど、
あまりによいお話だったので、
洗濯物を干す手を止めて
思わずメモをとりました。


自分を見つめること。
自分の心と向き合い、
自分の肌や体と向き合う。

大事なことだよね。

こんな時間をもっととりたいなぁって
思います。
  
Posted by MAYUMI YASUDA at 02:01Comments(0)TrackBack(0)