安田まゆみの気まぐれ日記

2013年02月26日

人生のけじめとしての「離婚」5

昨日のご相談は、離婚相談。

70歳を過ぎての女性、H子さんからの離婚の申し立ての
お手伝いをすることになりました。

家庭内別居を20年近くしてきて、
先月、H子さんは家を出ました。
本格的な別居状態に入り、
離婚調停を申し立てて、財産分与を希望しています。

結婚以来、お金は夫が握り、
生活費のみ渡されてきました。

それなりの職業で、年収2000万円を超えることもあったそうですが
家の修理などにはお金を使うこともなく、
必要なものもなかなか買えず、数千円のものを買ったときも
なぜ、俺に相談しないのかと怒るような
ややモラハラ気味の夫だとか。

そんな秘密主義の夫ですから、
取引銀行がなんとなく分かる程度で、
預金残高などは一切わかりません。
財産としてはっきりわかるのは、自宅だけです。

H子さんの望む財産分与を前提とする離婚は、
簡単に合意できないかもしれません。

なかなか前途多難ではありますが、
やるだけのことはやらないと、
今までの人生にけじめがつかないというH子さんを応援すべく、
松崎弁護士も交えて、調停の申請に準備をしました。

遺言も残しておきたいというH子さんですが、
どのように分けるのかは、思案中。
貸金庫もお持ちとのことで、
次回からは、エンディングノートを一緒に作りながら、
お子さんたちへの相続についても考えることになりました。
半年はお付き合いが続きそうです。


PS
おしゃれなH子さんの様な凛とした梅です

02金毘羅さんの紅梅
  

Posted by MAYUMI YASUDA at 20:30Comments(0)TrackBack(0)

2009年11月04日

DV被害者の相談者の方から無事に離婚成立のご報告が5

みなさま ごきげんよう。

今日は寒かったですね。
お天気はよかったですが、
急にひえたぁって言う感じです。

みなさんのところはいかがでしたか?

さて、今日は、
嬉しいお便りをもらいましたので、
皆様にも「おすそ分け」です。

5月にご相談を受けたDVの被害者の方から、
「このたび、無事、離婚が成立しました」という
ご報告をいただきました。

彼女は、言葉の暴力による
「モラハラ」の被害を受けていました。

離婚をされたいということで
養育費のご相談のお電話がありましたが、
お話を聞くうちに
養育費の話をしている場合ではないぞ、と思い、
話を中断して、
DVの被害者を守れる、
DV案件に精通した女性の弁護士さんを
紹介しました。

そんな経緯のかたからの報告でしたから、
とても嬉しかったのです。(*'-'*)

ご紹介した弁護士さんは、年はお若いのですが、
彼女の話をよく聞いてくれて、
調停でも本人に代わって、
相手方とやり取りをして下さったのだとか。

おかげで、ご本人の「納得のいく離婚」が成立したとのことです。
本当によかったです。

ご相談をいただいた当初は、
モラハラ夫と同居していたのですが、
弁護士さんの指示で、急遽別居。

郷里に帰られて、調停には、飛行機で
往復されていたようです。

この半年は長かったと思います。
よく頑張られました。

小さなお子さんを二人抱えて、
アルバイトも無事見つけられて、
収入の見通しも立ちそうです。

元気そうな報告のメールを見ていて、
嬉しくてうれしくて、
涙が出そうになっちゃいましたよ。

これからもDV被害者の方の役に立てるような
FPでいたいと思います。
志ある弁護士さんともネットワークを作って行くつもりです。

私が言いだしっぺで、
「DV被害者の役に立ちFPをめざす会」を
立ち上げました。
第1回目の勉強会を開くことにしています。


最後に彼女は
「楽天で『○×式新しい家計簿』を注文しましたよ」と
書き添えてくれました。

あ〜、なんてありがたいことでしょう。(´;ω;`)
その気持ちが、本当に嬉しいです。
感謝!です。

他にも、楽天で注文したという方が
「もう家計簿届きました」というご報告もいただいています。

ありがたいです。

なんだか、楽天ブックスの送料無料キャンペーン
私のためにあるような気がしてきましたよ〜。へへ。
(ちょっとうぬぼれすぎですかね)

では、また。














  
Posted by MAYUMI YASUDA at 01:15Comments(0)TrackBack(0)

2009年05月29日

「バツイチなんだと 凱旋しろよ」5

みなさま ごきげんよう。

毎度、夜更かしの安田です。

最近、ちょっと気に入っているのが、
「心に響く 3行ラブレター」です。

日本語文章能力検定協会が毎年募集している
20字×3行で書く
ラブレターなんです。

毎年の最優秀作品はどれも素晴らしい!です。

優秀作品にもいいなぁ、と思えるものがあります。


  実家へ帰るのが恥ずかしいって…。
  父さんも母さんも平気だぞ。さあ、田舎で再出発だ。
  バツイチなんだと凱旋しろよ。
 (66歳/男性/無職)

いいでしょ。たしか2年くらい前の優秀賞の作品だった思うのですけどね。
「凱旋しろよ」って、胸を張って帰って来い!って言うことだよね。
励まされるなぁ。ありがたいなぁ。
素敵な父さんですね。


実は、先日、離婚後のお金の相談の電話がかかってきました。

ある事情で、借金がかさみ
お金のことで、
言葉の暴力がすごくなってきた夫と
別れることになったが、
養育費はどれくらい要求できるか?

という相談でした。

しかし、話を聞いていると、
そんなことを話している場合ではないことがわかりました。

言葉の暴力がひどくて、
夫とまともに話すことができず、
震えが起きる状態にもかかわらず、
一緒に住んでいるとのこと。

毎晩遅く帰ってきて、早朝に出て行くので、
顔は合わせていないものの
精神状態はひどいとのことでした。

これは、早めに別居した方がよいと思い、
養育費の話は途中で、打ち切り、
すぐに、DV離婚に詳しい女性の弁護士の先生を紹介。
翌日にアポイントが取れて、相談。

弁護士の先生もすぐ別居をすることを進め、
夫には黙って、直ちに引越しの手配をして
1週間後には、実家に帰れることになりました。

実家に帰ったいまは、
精神的にも落ち着いているとのことで、
私も安心しているところです。


借金があるため、彼女自身も貯金がありません
年金暮らしをしている実家のご両親が、
弁護士費用も含め、
引越しのお金も出してあげるから、
帰っておいでと言ってくれたのだとか。

その話を聞いて、
最初に紹介した
3行ラブレターのお父さんを
思い出したわけです。

ありがたいご両親です。

彼女は、最初、自治体の相談窓口で
男性の弁護士を紹介されていたのですが、
私がそれをやめさせました。

いくら親が弁護士費用を出すといっても
年金暮らしですし、
借金や住宅ローンの残債を考えると
財産分与は負債を背負うことになる。
不倫も立証できなければ、慰謝料はもらえるかどうか・・・。
この離婚では、夫からたくさんのお金を取ることはできないでしょう。

普通の弁護士さんでは、
離婚ができて、
養育費を決めることができても、それ以上の成果は期待できない。
しかし、弁護士費用としては、
相当の額を請求されることになるだろうから、
これらの費用負担は、大変になると思ったからです。

私が紹介した弁護士さんは、
「法テラス」を使っての相談を
快く受けてくださる先生です。

できるだけ、ご両親の負担を少なくしたいと思っていたところ、
結局、彼女の弁護士費用は
毎月5000円ずつ返していけばよいことに。

現在は、メールと電話で弁護士の先生とやり取りしているようですよ。

こうした事情も、彼女の精神を安定させることに
つながったと思っています。

弁護士費用は本当に
やり方で、ずいぶんと変わるものです。

お子さんが小さいので、すぐには働けないかもしれません。
紹介した弁護士の先生は、
生活保護の申請にも経験豊富なので、
きっとよいアドバイスをしてくださると思います。

「凱旋して」第2の人生のスタートをきって
今度こそ幸せになって欲しいと思います。


追伸
文検の3行ラブレターのお話は、また今度。


  
Posted by MAYUMI YASUDA at 02:54Comments(0)TrackBack(1)

2008年10月21日

「日経マネー」12月号 揉めないための離婚相談所に 安田が5

みなさん、ごきげんよう。

さて、お知らせです。

本日発売の「日経マネー」12月号に
私めが登場しますよ。

まだ、書店に行っていないので、
今日発売って聞いているけれど、
確認はしていません。


タイトルは
「揉めないための 離婚相談所」です。
(78p〜83p)

TVドラマ離婚弁護士の法律監修をした
弁護士の太田宏美さんと一緒に登場しています。
面識はありませんけどね。

私が扱ってきた離婚相談の事例が
紹介されています。

財産分与で、一番問題になり、揉める火種になる
ローンが残っている自宅の処理の仕方の
注意点など語っています。

離婚という文字が頭の中で
ぷっかりと浮かんでいる人は
今のうちに、情報を仕入れておいたほうが良いですよ。

日経マネー誌ならば
読んでいても、配偶者にはばれないかもよ。

見てね。



  
Posted by MAYUMI YASUDA at 22:16Comments(0)TrackBack(0)

2008年02月13日

チョコレートがいっぱい5

今日も離婚のご相談をお受けしました。

長いこと別居してしまったご夫妻。
嫌いではないけれど、
もう元には戻れない。

お二人で作っている離婚協議書に対するアドバイスと
離婚後のお金と生活の問題に対する相談でした。


ご相談のあと、
贈り物を買いに、オフィス近くの銀座三越へ。
お目当てのものが買えて嬉しかったんですが、
抽選券ももらって、ニコニコ。
抽選会を8階催し物会場でやっているというので、
行きました。

そこはなんとすごい熱気!!(つд⊂)ゴシゴシ

バレンタインチョコレートの特別会場にもなっていたんです。
さすが、銀座三越。
お買物のお客は、30代〜40代が主流を占めていました。

それでもって、ほとんどのお店がも試食をさせてくださるんですよ。


いかがですか?と、目の前においしいチョコレートを出されて、
断れますか?
当然、にこやかに「どうも」といって口の中に。

うまい!これは人にやるのはもったいないぞ。.。゚+.(・∀・)゚+.゚


そんなことの繰り返し。
抽選する前に、5つはいただきました。
生チョコレートを。

どれもおいしかったです。(^∀^)

地下鉄に乗るために、地下に移動。
またまた、地下にもチョコレート売り場が。

もう、いけません。
お腹いっぱいです。

でも、そこでも試食が。

地下鉄につながる出口に行く前に
いくつものお店が、行く手を阻むのです。
また、誘惑にかられて・・・・。

すごい混雑で、
精算までに時間がかかりすぎます。

結局、本命チョコも買えずに、
いっぱいのチョコレートがお腹にはいったまま、
帰途につきました。

ご馳走様でした。(*゚∀゚)


  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:36Comments(0)TrackBack(0)

2008年02月02日

熟年離婚は、大きな経済的な損失だわよ5

昨日と今日と2日連続でセミナーの講師をしてまいりました。

昨日はみなとみらいのインターコンチネンタルホテルで
「老後の安心生活」のお話をしてきたんです。

内容は、安心生活を脅かす、「4大リスク」について。

皆さん、「老後生活を脅かす4大リスク」ってなんだと思いますか?

私が勝手に思っていることなんですけどね

1.熟年離婚
2.子どもの経済的な自立の遅れ
3.病気になること
4.家屋の倒壊、消失

だと思っているんですよ。

これらは、きちんと備えていないと、
かなりの経済的な損失になります。

熟年離婚は、この10年で2倍になっているんです。
婚姻期間が長いから、財産分与の額も大きくなります。

「退職金待機離婚」という、
退職金が出るのを待って、離婚をすることを決めている
女性も多いそうです。

財産分与は、最近は専業主婦でも50%まで
認められるられるようになりましたから、
退職金はねらい目なのかもしれません。

退職金で残りの住宅ローンを払って、
負の財産をなくして、
土地、建物、預貯金の半分をもらう!

すばらしい計画ですね。

おっと、その上に年金分割で、
婚姻期間の半分をもらうこともできます。

確かに、夫のもらった退職金は、
妻の支えがあったからこそ、
子どもを育て、無事に定年を迎えられたわけです。
と、考えればその半分は、奥様にも権利がありますね。

だからといって、財産を分けてもらったから、
「はい、さようなら」と離婚してしまってよいものか。

二人なら暮らしていける額かもしれないが、
それを分けてしまうと、
一人づつで暮らしていける額では
ないような気がするのですが・・・。


相談にいらした、熟年離婚を考えている人にお聞きしました。
「なぜ、今になって離婚するのか」と。

「一生懸命に支えてきても、
感謝の言葉、ねぎらいの言葉もない。
そんな人とこの先暮らしていって、
介護状態になっても、下の世話を
する気にはなれない。もう世話をしたくない!」

そう話してくれました。

男性は感謝の気持ちを伝えるのが苦手です。
また、男性型の脳は
「女性の悲しみ」を認識するのが苦手です。
そんなことを知っていれば、
まだ修復は可能ではないのでしょうか。

悪気があって、いわないのではなく、
「いわなくてもわかるだろう。」
「いわれなければ、悲しみがわからなかった」のです。



熟年離婚はお勧めしません。
離婚を選択する前に、
お互いに、言いたいことを言って、
お互いに気持ちを伝えあうことをして欲しい。

口に出さなくては、何も伝わらないんですよ。
こころが離れていればなおさらのこと。

大きな経済的損失をしないためにも、
「夫婦仲良く」

そんな、話をしてきました。

皆さんのお家はどうですか?

気持ちを伝えていますか?



  
Posted by MAYUMI YASUDA at 21:03Comments(0)TrackBack(0)

2008年01月30日

読んでください「離婚の回避術」5

出ましたね、私のインタビューが載った「読売ウィークリー」。

しかも表紙が大好きな「岡田准一君」だもの。
凄いよね。ってかそれだけで嬉しいよね。

表紙にも載っているトップ記事扱いのタイトルは
「夫は知らない妻のXデー 年代別離婚回避術」です。

読売ウィークリー

3ページにわたって
紹介されているので、びっくりですね。
写真も大きいし。
そんなに大きくなくても良いんだけどなぁ。
贅沢はいえません。
よくぞ私に取材に来てくれました。本当に、ありがたいです。


言い足らないところもいっぱいありますが、
紙面の都合もあるので、
こればっかりは、ね。

でも、さっそく、友人から
「読んだよ」とか
「なかなかいいじゃん」
「わかりやすかったよ」という励ましの?メールも
いただき、感激しています。

皆さんも、週末にならないうちに
手にして見てください。

独身の人も読んでおいたほうが良いよ。
失敗した人の経緯がわかりますからね。

読んだら、感想もお聞かせください。
今後の参考にしたいと思います。

離婚は他人事ではありませんよ。

1月だけで(実質2週間で)、
保険、相続、家計の相談も来ていますけど
離婚がらみの相談だけで4件も・・・。

近年にない、かなりのハイペースで、
強行スケジュールとなっています。

それだけ、いっぱい悩みを抱えている人が多いってことだよね。




  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:41Comments(0)TrackBack(0)

2008年01月20日

「子どものため」の離婚5

今日は女性の離婚のご相談を受けてきました。

財産分与のご相談です。
住宅ローンが残っている方でした。
これはちょっと、難しいんです。


まだ、夫に離婚の気持ちを伝えていない段階ですが、
離婚後の生活に不安を感じているので、
財産分与で、どれくらいもらえるのか心配していらっしゃいました。

離婚を決意されたのは、
「お子さんのため」でした。

お子さんに経済的な苦労をさせたくないと
思って、ずっとガマンしていた彼女でした。
しかし、最近、
お子さんがご夫婦の仲の冷え切っているのを感じているようで、
お子さんが夫と仲良く話した後に、
必ず、彼女を、すまなそうな顔で見るのだそうです。

それを見た彼女は、胸が塞がる思いだったといいます。
両親に気を使う子どもを見て、
「こんな思いをさせてはいけない」と
離婚を実行に移すことに決めたのだそうです。

けなげなお子さんの気持ちを思うと
彼女につられて、私も目頭が熱くなってしまいました。


お子さんがいらっしゃって、
私に離婚の相談しに来る方には、
「子どものために」離婚を回避する人もいます。

しかし、それと同じくらい
「子どものために」離婚を決意する人もいます。

どちらも「あり」です。

子どものことがきっかけで、
離婚の引き金になることは分かります。

また、子どものためと思う気持ちが離婚後の
張り詰めた気持ちの支えになることも
承知しています。

それでも、私は、
最後は「子どものため」ではなくて、
「自分のため」に決断して欲しいと思います。

相談者にも、そのことをお伝えします。


将来、
「『あなたのために』離婚をすることにしたのよ」と
言われた子どもは、親をどう思うでしょうか。

「『あなたのために』離婚をするのをやめたのよ」と
言われたいでしょうか。

私だったら、そんなこと言われたくないですね。
責任を負わされたみたいで、
冗談じゃないって思います。

「お母さんの人生につき合わせちゃって、
ごめんね」。といって、
「なんで離婚したのよ」と責められても
「お母さんがどうしても、そうしたいと思ったからなの」
って、言ってほしいと思うのです。

そんな思いで
離婚のご相談をお受けしています。




  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:14Comments(0)TrackBack(0)

2008年01月10日

我が家の夫婦の会話5

今日は「読売ウィークリー」の取材を受けました。

「離婚の分かれ道」的な話です。

ある日突然の離婚話もあるけれど、
夫婦の間が冷めてきて、会話がなくなって・・・と
それなりに離婚に向けてのカウントダウンがはじまって
離婚に至るケースのほうが多いですね。
やり直せる、やり直せない、分かれ道のようなところの
お話をさせていただきました。

私はふだん、お金にまつわる相談を受けているわけだけれど、
離婚の相談も多くなってきたいるんですよ。
それで、今回、取材を受けたわけなんですけどね。

取材では、やり直せるポイントみたいなお話をさせてもらったので、
離婚が頭をよぎった人は、
発売されたら、見てくださいね。
発売号がわかり次第ブログで紹介します。


最後に、私たち夫婦はどのような会話を
しているのかときかれたので、
「ダメダメ妻」で実際、会話は少ない夫婦です。
だけど、そこそこ仲良くしていますよ。
当面は、離婚はないと思うけど。
と答えておきました。


それぞれ仕事を持っているので
結構すれ違いが多いのです。
だから、会話は少ない夫婦なんです。

でも、結婚生活27年目ですから、
愛情といっても、人類愛のようなもので、
結ばれているような気がするんですけど、
誤解でしょうかね?

それはそれでいいと思っています。


では、我が家の夫婦の数少ない会話を
再現してみましょう。

今日も、うちで原稿を書いていると、
7時ころに夫が帰ってきました。
「ただいまぁ」
「お帰りぃ」とパソコンの前を動かずに
声だけかける私。

うがいやら手洗い、着替えを済ませた夫が
私の部屋をのぞいて、
「ご飯食べるぅ?」
「うん」
「じゃあ、作るから、できたら呼ぶね」
「うん、ありがと」といってパソコンに向かい続ける私。

「できたよぉ〜」
「ありがと、いま行く」といってパソコンを終了。

「何飲んでるの?」
「ビール」
「じゃあ私も。おいしそうだね。いただきます」


テレビを見ながらヨーロッパの協会建築の特徴について
学芸員の資格を持つ夫に
「どうしてこういう天井高いつくりなの?」とか
「なんで細長いの」とか聞いたりして、
「ふ〜ん」だの「そうなの?」だのとボソボソとはなす。

食事が終わりかけるころ。
「お茶飲む?」と私。
「うん」「なににする?」
「ほうじ茶がいいな」「わかった」
と、二人でお茶をすすって解散。

まさに「解散」なの。
夫は寝室へ。私は洗い物。仕事の続き。
今日の夫婦の会話は終了です。


ちなみにあすの朝の会話の予想。

私はまだ布団の中にいるのに、
夫は出かけるしたく。
「今日は何時に帰ってくるの?」と私。
「多分、7時ころ」または「勉強会があるからお泊り」の
どちらか。
「わかったぁ。気をつけていってらっしゃい」と布団の中で私。
以上で朝の会話は終了。

こんな会話の少ない夫婦でも
仲良くいられる理由があるの。
それはまた今度ね。

遠くでくしゃみの音が・・・・。(゚∀゚)アヒャヒャ


















  
Posted by MAYUMI YASUDA at 01:04Comments(4)TrackBack(0)

2008年01月03日

雪は人の思いも 覆ってしまうのかしら

bbbb3f11.JPG友人のご主人が亡くなりました。

ずっと別居されていたのですが、
海外で突然なくなってしまわれました。

お子さんと二人で迎えに行って、
ご遺体をつれてかえってきました。

悲しみと同時に、これからの暮らしに対する
不安が彼女を襲いました。
無理もありません。
だって、お子さんはまだ、義務教育中なのですから。

私に電話がありました。
年末に会ったときに、
生命保険に入っているといったことを
思い出したのだとか。
しかし、
どこの保険会社に入っているとは教えてはくれなかったそうです。
それを調べる方法はないかと、聞かれました。

十数年前にアメリカで暮らしていたので、
もしかしたら、そのころ入ったのかもしれない、と彼女。

日本の保険会社でしたら、
事情を話して、生年月日と名前で調べられる可能性も
ないことはありませんが。(それとても、今はかなり大変ですが)
海外の保険会社は調べようがありません。

暮らしていた部屋で保険証券を見つけるか、
銀行やクレジットで定期的に引き落とされているのがないか、
今となってはそれしか方法は
ないんですね。

結婚した当初から、家計のことはご主人が
しっかりと管理されていたようです。

それは、家計にまったく無頓着であるよりも
とてもありがたいことなんですけど、
肝心なこと、大事なことは、夫婦で共有するのが一番だと
再確認をした出来事でした。

長い間の別居生活、
ご夫婦の思いはどうだったのでしょうか。
雪が降り積もるのを見ながら、
お二人の本心を聞くことは
もうないのだろうとと思いました。

  
Posted by MAYUMI YASUDA at 21:27Comments(0)TrackBack(0)