安田まゆみの気まぐれ日記

2009年07月21日

お金の寺子屋、満員御礼!でした5

0ca4c072.jpgみなさま ごきげんよう。

銀座にかかった素敵な虹をみなさまにも
おすそ分けです。
(撮影:コブタ)


18日のお金の寺子屋も満員御礼!でした。

今回は、セミナーの風景をビデオで撮りました。
そのうち、参加者の声のところに
画像をアップする予定です。
乞う!ご期待

今回もご了解をいただいた分だけ
皆さんの感想をご紹介しますね。

「目からウロコでした!
 難しいと思っていたことを、こんな意わかりやすく
 説明してもらえるとは思っていませんでした。
 投資を始めるのが楽しみです」クリコさん

「わかりやすくて、楽しかったです。
 ズゴボらな正確なので、投資や株は
 手を出さないでおこうと思っていましたが、
 勉強をしてみようと思いました」ユウコさん

「今まで何も考えてこなかったので
 とても勉強になりました」レイコさん

「損切りのお話では耳が痛いです。
 売らなければ、利益がない、とは、
 目からウロコでした」トモヨさん

お役に立てて、良かったです。

そうですね、必ずしも、すぐに投資を始めなくても
良いと思いますが、
自分自身の老後の資金を作っていくうえでは
投資の勉強は欠かせないものだと思っています。

早めに勉強をして、
早めに始めれば、
老後資金が足りないからと、
知識不足のまま、リスクの高いものに
手を出さなくてもすみますからね。

勉強して、
ぼちぼち始めるのが良いと思いますよ。

ドルコスト平均法で今から投資を始めるならば、
3〜5年後には、良い結果となると思いますよ。

積立投資のことは、
「ダイヤモンドマネー」5.6月号にも
載っていましたので、
そちらも参考にされてはいかがでしょう。

もっと詳しくは、
松井信夫さんの
「銀行では絶対に聞けない資産運用の話」が
お勧めです。

実際、ご相談にこられた方に
この本をお勧めしたところ、
とてもわかりやすかった都の
感想をいただいています。

この著者の松井さんは古くからの友人です。
友だちの本を褒められるって
うれしいよね。

そう言うわけで、
今回の寺子屋のご報告はおしまい。

8月は、なんと、2回も開催しちゃいます。

お盆の開催は、参加しやすい人と
夏休みの予定がしっかり入っていて、
参加しにくいとのご要望がありましたので
2回もすることになりました。

8月8日
8月15日(終戦記念日)

です。

お申し込みはお早めに、ね。




  

Posted by MAYUMI YASUDA at 01:00Comments(0)TrackBack(0)

2009年06月28日

今後3年間の世界の景気について5

みなさま ごきげんよう

珍しく、すごいタイトルになっちゃいましたが、
これには、理由があるのです。

先日、日経ヴェリタスから、FPに向けて、
「今後3年間の世界の景気について」という
アンケートが来ました。

今日付けの日経ヴェリタスに、
その結果が出ています。
ご丁寧にも、
アンケートに答えた、FPの名前が載っていました。
まあ、私の名前もそこにあるわけですが・・・。

3年後の世界経済は
「成長」「停滞」「悪化」というシナリオに対して、
それぞれ何%確立で、起きるのか、
メインはどのようなシナリオか
という見通しを聞いてきました。

私は停滞と悪化と半々くらいの見通しを出しましたが、
やはり、メインは、停滞にしておきました。
結果は、成長シナリオをメインに考えたFPは45%
停滞シナリオをメインにしたのは46%でした。

詳しくは、日経ヴェリタスを読んで欲しいですが、
この記事を読んで、
そのとおりだなぁ、と思ったのが、
先輩FPの紀平正幸さんがおっしゃっていることです。

「個人投資家は、長期保有が正しいと
教え込まれ、株式などの売却のタイミングについて
学んでこなかった。
これでは成果を上げにくいのでは〜」。

まったく、その通りだと思います。

私のところに資産運用の相談に来る方の
そのほとんどが、
儲けの時期を逃して、持ち続けたために
かなりの元本割れになってしまった人たちです。

本当に、もったいない。

「かなり儲かったときもあったのよね」と
遠い目をしておっしゃられても、
「儲け」は実際には、評価額の数字だけ。
きちんと利益を確保していません。

長期保有が良いとは限らないんです。

残念ですが、今の金融機関は、
本当に売るだけ。
購入を勧めるためのせセミナーはしても、
売り時を学ぶようなセミナーは、あまりありません。

だいたい、「長期保有」と「長期投資」は違うものなんですよ。

長期にわたって、投資を続けていくことは、
とても大事なことだと思います。

しかし、儲かっていたら、きちんと
売却するなりの対処が必要になります。

高度成長期のような、
ずっと右肩上がりの経済の状況というのは、
おきにくいと思います。

大きな山を形成して、
相場が上がったり下がったり。
そういう状況の中では、
ある程度の儲けが出たなら売却するように
していかなくては、ただただ損をしてしまいます。

株をもっている方は、
そう言う勉強もこれからは必要です。

私のところでも、少人数で、わかりやすい
資産運用の勉強会をしています。

素人でも、市場に負けない、
コツコツ投資術です。

次回は7月18日です。

詳細はこちら

では、また。
















  
Posted by MAYUMI YASUDA at 18:59Comments(1)TrackBack(0)

2009年06月16日

お金の寺子屋にキャンセルが出ました5

80e33eac.jpgみなさま ごきげんよう

先ほどは、すごい雷雨でしたが、
皆さんのところはいかがですか?

カミナリ注意報がたくさんの地域で出たそうですね。

水害にはなっていませんか?


本日、ほぼ満席となっていた、
20日(土)の「お金の寺子屋」
キャンセルが出ました。

ご夫妻でお見えになる予定でしたが、
ご両親が緊急の手術をすることになったとかで、
ご実家の方に帰ることになり、
キャンセル、になりました。

資産運用にご興味のある方
貯金だけじゃ、ちっとも増えないとお悩みの方
塩漬けの金融商品がある方

いらっしゃいませんか?


実は今日も茗荷谷の知人の会社で、
寺子屋の内容と同じ、ミニセミナーを
やってきました。

4人のご家族で、
お話を聞いていかれました。

ありがたいことに、
「こんなわかりやすい話なら、
 もっと前にお会いしていたかったわ。
 そしたら、いまころは資産が増えていたわね」
との感想をいただきました。

おかげさまで、この「お金の寺子屋(資産運用編)」は、
好評で、
埼玉であったり、茗荷谷であったり、
「こちらの方にきてください」とのお声賭けをいただき
少しずつ開催が増えています。

どうぞお気軽にお声をかけてくださいね。

もしよろしければ、20日の寺子屋に
お申し込みくださいな。

お待ちしています。

写真:
公園の花壇を見ていたら、
私を撮って!って花にナンパされました







  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:43Comments(0)TrackBack(0)

2009年04月29日

投資信託で損をしている人の相談5

みなさま ごきげんよう。

もう、連休始まってですか?

私は暦どおりです。

けど、事務所で片付けなどをしているので、
実際には休んでいませんけどね。

さて、このところ、
立て続けに
「元本割れの投資信託」を抱えている人の
相談が相次ぎました。

きちんと、アナリストにコメントを求めて
それから相談者に
「参考意見」として
お見せするサービスをしていますが、
毎回、つらいです。

将来あがる可能性が少ない投信は
損切りをしたほうが良いのですが、
う〜ん、半分以下に下がってしまったものは、
「損切りしたほうが良いです」とは
言いにくいです。

そこで、
投資信託でもうけようと思っている、みなさ〜ん。

投資で利益を出そうと思ったら、
こまめに「売り買い」をやりましょう。

と言っても、1日のうちに何度も売却をしたりする
デイトレーダーになれと言っているのでは
ありません。

2割、または3割の利益が出たら、売却。
2割の損が出たら、被害を拡大しないために売却。

このように自分なりの
ルールを守っていきましょう。

そのためには、
自分が投資いているものは、
毎日チェックした方が良いです。

植木の花と同じです。
今日はどうかな?って
愛情を持って見守っていかなければ、
お金に嫌われてしまいますよ。

そんな面倒な事は嫌よ!
そう言う人は、投資してはダメです。


そう言う人でも設ける方法はありますが、
ここでは説明できません。話せば長くなるもの。
お金の寺子屋へ来て、勉強してください。
ずぼらな、この私でさえも、
うふふふ、増やすことができますもの。


損をした人はよく言います。
「儲かったときもあったのよね」と。

しかし、儲かったのは、数字上のこと。
実際に売却して、利益を確保した人は少ないです。

もったいないです。
利益が出たら、
欲張らずに、利益を受け取りましょう。
自分で、ルールを決めて、
もっとあがるんじゃないかという
欲望を排除(笑)しましょう。

だいたい2割も上がれば十分ではないですか?
預金の利息を考えたら、
すごい増え方なんですから。

それを、もっとあがるかもしれない!
って、思っちゃうんだよね。

堅実にいきましょうよ。

そうすれば、投資信託が
半分になるようなことはないのです。

私も経験がありますよ。
いっぱい。
泣く泣く損切りをしました。過去には。

そう言う体験がありますから、
損切りのつらさはわかります。

ある方は
「損切る勇気がありません」と
おっしゃっていました。

そう、勇気がなければ損切りもできないですよね。

そういって、アナリストの参考意見を
受け入れられない人もいらっしゃいます。

ご本人がそうお思いならば、
しょうがないです。
保有し続けるしかないです。
私が決めることではないですからね。


いまは、評価が下がっているけれど、
そのうち基準価格が戻るかもしれない。

みんなそう思いたいんですよね。
自分をそう思い込ませたい。

確かに、そういう投資信託もあります。

しかし、2007年くらいに評価が良かったものは、
その当時までの基準価格が
戻りそうにもないものがいっぱいあります。

損切ることは
損を確定させることです。

見たくない現実なんですよね。
でも、持続してもなぁ。

少しは取り戻せそうな
投資方法もあります。

まとまったお金がある人も
そうでない人も
お金の寺子屋で、学んでくださいな。

確定拠出年金も役立ちますよ。

ではね。










  
Posted by MAYUMI YASUDA at 02:43Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月31日

「変額個人年金」で困っている方に「朗報」ですぞ!5

みなさま ごきげんよう。

今日は3月31日。
年度末でしたね。

決算がすみましたので
わが社も一人前に、ちゃんと納税してきました。

税金って、「取られる」って感覚だよね。
「気持ちよくお支払いする」境地にはなれないなぁ。
人間の器が小さくて、ごめんなさい。

還付申告なので、
今頃ですが、個人の確定申告も
今日、投函しました。ふう。


さて、このところ、急増しているのが、
「変額個人年金」の元本割れで困っている人からの
ご相談です。

変額個人年金とは、
定額の個人年金とは違って、
受け取る年金の額が決まっていません。
自分で資産運用をして、年金を増やす努力をする保険です。
自分の努力次第、という保険なんですよ。

この保険の運用は、大雑把に言うと
投資信託が組み込まれているので、
自分でその投資信託を選んで、
分散させたり、移転させたりしながら、
利益を取っていくという方法です。

同じ変額年金保険でも、
保険会社に運用を任せた元本保証型と、
(どんなに株価が下がっても、投資額を保障するもの)
元本が保障されない保険もあります。

ほとんどが、一時払い商品です。


この保険は上手に使うと
非常に面白いほど、
資産を増やすことができる保険ですが、
元本を「保証されないタイプ」の方がよいのです。

金融の知識のまったくない人が
投資すべき商品ではありません。
(相続のためにこの保険に入るのは、OKです)

先日、相談にこられた人の
変額年金保険は、現時点での価値が
投資したときの半分になってしまっていました。
あちゃ〜。
イタイよね。

スイッチングが可能な変額保険でしたので、
これから数年かけて、へこんだものを取り返す方法を
アドバイスをしました。
変額年金の上手な利用方法もお教えしました。

実際には、相談者の高齢のお母さんが
銀行で勧められたものでした。

困っちゃうんだよね。
そんなことされちゃあ。
大事な虎の子だったりしたら、
高齢の人は、がっくりきちゃうよねぇ。

金融のイロハのわからない人に
元本割れリスクの大きい
変額年金を売っちゃうなんて、ちょっとひどい。

説明はしたんだと思うけど、
わかりやすくはなかったんだね。

ちゃんと説明できていなかったんだとおもう。
運用方法も資産分散だけじゃなくて、
時間分散もあることなど、
銀行さんじゃあ、
上手に運用のアドバイスはできなかったんだね。


全国の「変額年金保険が元本割れして困っている」みなさ〜ん。
スイッチングが可能であれば、
解約せずに
少しは増やす方法がありますよ。

私に相談に来てくださいね。
この問題だけの相談なら、
相談料は、う〜んとおまけしますから。

資産回復のお手伝いができればうれしいです。
あきらめないで、
チャレンジしてみましょう。

まったく手がつけられない変額年金保険も
中にはありますので、
電話での打ち合わせのときに
手がつけられない保険である事がわかれば、
相談料はいただきません。
だから、安心して、電話で相談内容を伝えてくださいね。

まずは、自分や親が入っている
変額年金保険の名前や仕組みを調べてみよう。

時間と手間をかけて、少しずつ資産を
分散、移転していきます。
ドルコスト平均法を使っていきます。

だから、取り戻すのは、今がチャンス!
被害の拡大をおさえましょう。
早ければ、早いほど、
回復は進むと思いますよ。



夢の島公園にて  
Posted by MAYUMI YASUDA at 20:06Comments(2)TrackBack(0)

2009年03月26日

「お台場ハッピーマネー塾」は投資術で、みんなノリノリ!5

みなさま ごきげんよう。

今日の東京は寒かったです。
横浜方面では雪がふったとか。
こちらの湾岸方面はちっとも降りませんでしたけど。

というわけで、桜もつぼみが開こうとはしませんね。
今週末はどうなんでしょうか?

さて、今日は
「お台場 ハッピーマネー塾」の第2弾でした。
(ハッピーマネー塾の1回目のことは6日のブログに書きました)

第2弾の今日は、
「市場に負けない投資術で老後をハッピーに!」

ドルコスト平均法の投資術を
ものすご〜くわかりやすく解説。

小学校の算数までしちゃいましたよ。
でも、その方がわかりやすいんだよね。

儲けの基本である、
「安いときに仕入れて、高く売る」を
投資の場でも実行すること。

下落している相場だからこそ、
安く買える。
でも、まだ、下がるかもしれないから、
少しずつ資産を分散して
安いときにいっぱい仕入れましょう。

つまりは、
コツコツ積み立てていきましょう。

と、お話をしました。

そして、肝心なのが売り時です。

安く仕入れたファンドは、値があがるのを
じっと待ちます。
私は4〜5年と見ています。

自分の投資した資産が1.5倍以上になったら売ると決めて、
手堅く利益を取るのも良いでしょうし、
今回勧めている
世界の株式に投資している
投資信託のインデックファンドの
指標に影響を及ばす金利の推移を見て、
売却時を判断しても良いと思います。

そんなことをグラフなどを
使って説明しました。

下落時にわくわくしながら、
投資する話に、みんなノリノリ。(⌒-⌒)

(詳しい話が知りたい人は、お金の寺子屋にきてね。)

了解をいただいた方の感想を
ご紹介しますね。


「今回も、難しい話なのに
 とても楽しく話を聞くことができました。
 なんだか、元気になりました」

「前回も目からウロコでしたが
 今回はさらにウロコウロコでした・・・。
 不景気で、よい話がない中
 なんだか、すごく気持ちがしました。
 最近、夫と子どもの教育費のことを話し合うのですが、
 BESTの教育ができる(お金で左右されない)ために
 お金を増やしたいと思っていたので、
 うれしくなりました。
 ありがとうございました。」

「今日の話を聞いて、
 本気で、資産運用をはじめよう!いやはじめます!!
 なんとな〜く赤字にもなっていないし、
 そこそこ貯まっているので、いいかな〜と
 だらだらこの年まで、きてしまいました。
 残念・・・。と思っていないで、今日から即決します!」

「すごく、ためになりました。
 今すぐはじめたくなったので、
 早速、相談に行こうと思っています。」

「自分の資産と支出をきちんと把握して、
 計画性をもって、運用していきたいです。」

アンケートに協力してくださった皆さん、
ありがとうございました。

うれしいですよ。(^∀^)
私の話を聞いて、元気になったとか、
行動を起こそうと思っていただけるのは。

少しずつでも、自分の将来のために
行動を起こすって大事だからね。

後悔しないように。
一度きりの人生だものね。

みなさんのなかで、わくわく!しながら
資産運用を始めたい人は、
お金の寺子屋にきてください。

次回は4月18日(土)です。
先着5名様なのよ。

さあ、明日も
「明るく、楽しく、元気よく! 」だよ。

私は、
東急ストア主催のママ大学の
講師を勤めます。

じゃあね。



 
 




  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:23Comments(0)TrackBack(0)

2009年03月21日

「ドルコスト平均法」の投資ならば、早めの方がいいよ!5

みなさま ごきげんよう。

連休を楽しんでいますか?

明日は、東京マラソンですね。
皆さんのご健闘とご無事を祈っています。

私もいつか、フルマラソンを走りたいです。
まずはハーフからだけどね。

本日は3月の「お金の寺子屋」でした。

参加者の方の了承を得て、
感想をご紹介しますね。

「わかりやすかった」
「ドルコスト平均法は知らなかったが
 とてもよく理解できました」
「運用する金額や、種類を検討したいと思います」

熱心に勉強してくださって、
ありがとうございました。

毎回、ドルコスト平均法については
同じような説明をしますが、
経済状況が変われば、伝える内容もかわってきます。

前回と少し変わってきたことは、
ドルコスト平均法での積立投資が
効果を発揮する期間ですね。

つまり、相場の下落がいつまで、続くかということです。

友人のアナリストが言うには、
ここ2年ほどが正念場だろうといっていました。

それ以降にドルコスト平均法による投資をしても
あまり効果が出ない、かもしれない、
ということです。

そろそろ投資を始めようかな?って
思っている人は、
ドルコスト平均法のコツコツ投資ならば、
少しでも早く始めたほうが良いですよ。

その方が効果が高いです。
行動しなければ、何も変わりません。
少しずつチャレンジしてはどうでしょうか?

でも、ちゃんと勉強してからですよ。

次回の「お金の寺子屋」は
4月18日(土)10時からです。

ご参加、お待ちしています。
お申し込みは
HPから。
または
info@my-fp.net まで。


  
Posted by MAYUMI YASUDA at 23:21Comments(0)TrackBack(0)